一粒萬倍の泉(いちりゅうまんばいのいずみ)は品川神社の境内にある、『恵みの霊』を祀るといわれる阿那稲荷神社にある泉です。

2012-10-15No(061)

品川神社は京浜急行新馬場駅北口を出てすぐの信号を渡ったところにあります。

2012-10-15No(064)

道路をわたると品川神社入口の鳥居がありますのですぐにわかります。
急峻な石段を登り境内へと向かいます。


2012-10-15No(069)

石段を登り切ったところには清閑な雰囲気の中に品川神社の本殿が佇んでいます。
これだけでも十分にパワースポットと言えるのですが、「一粒萬倍の泉」のある阿那稲荷神社は画像右側の鳥居の先に鎮座しています。

阿那稲荷神社は上社・下社の二社があり、上社には「天の恵みの霊」が、下社には「地の恵みの霊」が祀られています。

2012-10-15No(082)

ここが上社の入口です。下社はこの右に下へと通じる参道(ちょっとわかりづらいので注意)を降りて行きます。

2012-10-15No(080)

お稲荷さんらしい赤く連なった鳥居をくぐり先へと進むと

2012-10-15No(073)

阿那稲荷神社の下社に到着です。

2012-10-15No(076)

下社の社殿内に『一粒萬倍の泉』はありました。

この泉で

2012-10-15No(077)

銭(ちょっと奮発して壱万円札)



2012-10-15No(078)

銀行印とを洗いました。(^^)

これで金運アップ間違いなし!!


一粒萬倍の泉
万物は「天・地・水」の恵みを受けて生成知育し、末は一粒の種より萬倍の稲穂となる。
当稲荷社は「上社」が「天の恵みの霊」を、「下社」が「地の恵みの霊」と「霊泉」をお祀りする。
家門・家業の繁栄を祈り、印鑑・銭にこの霊泉をそそぐが吉。
また、持ち帰りて言え・店の入口・四隅にそそぎ、清く明るき心を持って暮らし・商売するが吉。
そそぎし銭の一部は門前の商家にて使用するが吉。

品川神社 東京都品川区北品川3-7-15
京浜急行「新馬場駅」(北口)から徒歩2分