MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

デカいスピーカーで、ソファーに座って聴きたい一枚♪

The Butterfield Blues Band
live

1970年のロサンゼルス・トルバドールでのライヴ盤。
このアルバムは既にマイク・ブルームフィールドがいないから聴き逃してる人も多いんじゃないかな?
世間にはギター愛好家が多いから仕方ないけど、アルバムとして、またブルース・アルバムとして・、ロックのライヴアルバムとして、決して悪くないのです!!
むしろ、この熱気はたまらないですけどね☆

Everything Going To Be Alright

Number Nine

Born Under A Bad Sign






魂に届くような声と音。静かに聴こう♪

Ry Cooder
Boomer's Story
181107_1_f[1]
1972年の3作目。
1stと2ndについての記事⇩
アメリカの地を旅するならBGMはこれで行こう!
この映画のようなジャケに失敗は無いよ☆
彼の音楽性をよく示した作品だけどセールスは振るわなかった。
この頃は、ハードロック化が進む中、彼の解釈は、カントリーブルース方面寄りの土臭いものだ。
インスト曲も多いこの盤は、彼のスライドギターや、マンドリンなどの演奏や、9曲目のPresident Kennedyでスリーピー・ジョン・エステスとの曲なんかも楽しい収録曲と思いますよ☆

Boomer's Story

Cherry Ball Blues

Ax Sweet Mama

President Kennedy


今日は、4年生の娘の運動会の場所取りを3時起きし、4時に他のお父さんと待ち合わせ、5時に場所を取り、8時から運動会を見てきました。
もう4年生になると少しだけお姉ちゃんの顔をしてきているのがわかりますね。
そういえば、お布団もこの間、購入して一人で寝るようになりました。
だんだんとパパとしての姿勢も変化していくのでしょうね?
最近は、いろんな覚悟をしていますが、こんな音楽を聴いて次に向けてのステップを踏み出す用意はしています☆
この音楽の様に、自分もスローな一面を作らないとなんてね!



くだらないこと忘れてこの一枚聴こうっと♪

The 5.6.7.8's
51714FQ5WKL[1]
1994年に出された彼女達の3rd。
音のアナログ感、突撃する楽器とだみ声!!!
きっとみんなも感じれるはず、上手い演奏よりも、パワー全開でまき散らすこのパワーのまとまりのカッコ良さに☆






プロフィール

MAR

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ