MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

スウィング聴いて踊らなきゃ損ですよ~~!!

Blue Harlem
Talk to Me

02fa1674eec4765dea5d3c39ab2ecb320825d243[1]
Imelda Mayが歌ってる事で話題にされたアルバムかな?
UKのスウィング・バンドってことだけど、演奏人がネオ・スウィングの時のようなパンク系にいたようなメンバーと違い、ジャズ系のバンドの人の演奏らしいから、落ち着いた感じも伺えて、しっかり聴けるアルバムですよ!!

これは2005年作品なんだけど、他にも作品あるから集めないとwww

Hallelujah! I Love Him So

Ev'ry Time I Hear That Mellow Saxophone

He May Be Yours

Nobody but Me



⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

グリース塗ったくって出かけたい!!

Catmen
Cutting Through The Red Tape
_SX425_[1]
1990年の2nd。
オランダの3人組で、80年代のポップスをロカビリーにした感じ☆
激しくないけど、流しっぱなしにしたとき邪魔にならない感じですね♪
1stは、レストレスのマーク・ハーマンもギター弾いていたような?
このアルバムNervous Recordsから出されてるんだけど、当時ヨーロッパのバンドは、みんな有名になるためにここから出したけどマネジメントは最悪だったらしいね?
日本ではjimcoから出ていた1stも持っていたはずなんだけど見つからないから探さないとw
Stray Cats復活でロカビリーも盛り上がって欲しいから、なんかネオロカ聴きまくってますが、彼等も聴いてみてね!!

She's The World (Crazy Song)

Gone Ridin'

I Still Can't Get Away

I Can't Go On



⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

この音こそネオロカビリーらしいと思うのは俺だけ?

The Blue Cats
Fight Back
jpeg[1]
デイヴ・フィリプスが脱退して心配されたが、そんなことも無用だったのが如く、ぶっ飛んだ歌と演奏を聴かしてくれた名盤。
1982年発売でエドワーズ兄弟の好みが良く出てますし、ギターにはちらほら、ジーン・ヴィンセントのバックでギターを弾いていたクリフ・ギャラップのリフが出てますね~!

Fight Back

Love Me

Made For Rockin`

Wild Night

Who Stole My Blue Suede Shoes ?


皆さんお久しぶりです!
色々あり更にスローペースの投稿となりました。

健康的には元気ですが、精神的にショックなことがあり奔走する毎日です。
緩やかですが解決に向けて動いており前向きにならなきゃなあとつくづく思いました。
と言ってもあまり人気のない僕の記事を楽しみにしている方がいるのかわからないのですがw

⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ