MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

ネオロカとは違うロックンロールを体感しよう☆

Match Box
Settin' The Woods On Fire

R-9274270-1488739753-8871.jpeg[1]
1978年の作品。2ndアルバム。
テッズも自分が中学の頃、調べまくって本を漁って、高校の時に憧れて、給料貰えた18歳の頃、目を光らしてエドワードジャケットを買ったもんですwww。
彼らは、自分が初めて買ったテッズ・バンドなんです。
1stを秋葉原の中古CD屋で、A~Zまで漁って買ったんですよ。
あの頃は、感動も大きくて、時間というものを、その一瞬に定めていた気がするんですよね。
そんな彼らの2nd。
聴くと、カントリー風味も良い味で、アコースティックギターも気持ちいいんですよ!

Settin' The Woods On Fire

Put The Blame On Me

My Life, My Love

Circle Rock

ドイツのバンドと言ったら、彼らを思い出す!!

Spo-Dee-O-Dee
Go Ahead On!

Go Ahead On!
彼らの初期ベスト盤。
アルバム毎に良盤が多くて好きなバンドの一つですが、オーセンティックのロカビリーは聴きこんでないって人にはお勧めの1枚です!
彼らの曲の中でもベストな1曲「Go Ahead On」
1958年Tommy Casselのカヴァー♪
 
メロディーセンス抜群の名曲「Hurt Again」

これぞロカビリーだなってニンマリさせられる「Wild Wild Chick」

もっと知られていい歌手だと思うのですが如何です?

Wynona Carr
Dragnet For Jesus

81D3UjRWvSL._SS500_[1]
1924年8月23日生まれ。
1945年にゴスペルグループを作り歌っていたそうで、ツアー等もしていたのだそうです。
そして1949年にスペシャリティーで初録音しています。
ジャケットにあるように、ゴスペルを歌うときはシスターとつけたようですね。
このシスターは、アート・ループ(スペシャリティーのオーナー)がシスター・ロゼッタ・サープから取って名前を付けたそうです。
ゴスペル・シンガーだからって素通りはしないで!
上記で紹介してます↑
彼女は、ロックン・ロール・を歌ってるときも最高なんですが、ゴスペル期も最高なんですよね~!!

Each Day

I Want To Go To Heaven And Rest

Don't Miss That Train

The Ball Game

A Letter To Heaven

Untitled Instrumental

彼女自身のピアノです!
15 Rounds For Jesus

Our Father

圧倒される歌唱を堪能あれ♪

プロフィール

MAR

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ