MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

2012年10月

JUMP BLUES KING !!

Big Joe Turner

Big Joe Tunerは1911年5月18日に生まれ
10代の頃から体が大きくクラブに潜り込んでいたようだ(笑)
Pete Johnsonと出会い彼の弾くピアノにアップテンポな歌を
歌い好評だったようだ!!
1930年代から活躍し1950年代には多くのヒットで
全盛期を築きました。
「Don't You Cry」「Honey Hush」「Shake Rattle And Roll」
「Chains Of Love」「The Chill Is On」「Sweet Sixteen」
などなど・・・。
60年代頃からはジャズに傾倒しますが活動し続けました。

Shake Rattle And Roll

Honey Hush
 
Chains Of Love

Sweet Sixteen

The Chill Is On

Oke-She-Moke-She-Pop

Feelin' Happy

Crawdad Hole


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 
 

50’S ROCKABILLY PART 4 ニューヨークの都市型ロカビリアン

Joey Castle
Rock & Roll Daddy-O

エルヴィス・プレスリーと同じレーベル、
RCAヴィクターからデビュー
1958~1963年に残した数回のセッションをまとめた編集盤。
「That ain't no thing but right」Mac Curtisのカヴァーや
「Rock 'n' Roll Daddy-O」タイトル曲のカッコ良さもなかなかの物!
時代が50年代末なのでソフトになっているが
エルヴィスのフォロワー的な扱いがあるが
十分彼の個性もあるので聞いてみてください

That ain't no thing but right

Rock 'n' Roll Daddy-O
 

パンチある女性ブルースシンガー

Big Maybelle
bigmaybelle3[1]











1925年にテネシー州ジャクスンで生まれ、
本名はメイベル・ルイーズ・スミス。
1944年デッカで初録音しました。
1947年から50年は僕の大好きなタイニー・ブラッドショウ楽団で歌い
52年から54年はキングやオーケーに録音、
それ以降にサヴォイ、ブランズウィック、セプター、
ロージャック、ポート、チェスなどに録音をしています。
なんとも声量のあるパンチのある歌が魅力の歌手です☆彡


I've Got A Feelin'

Candy

Whole Lot Of Shakin' Goin' On

96 Tears


50’s R&Bのスウィートメロディー

The Teen Queens
teen_queens_top_picture
56年RPMと契約、「EDDIE MY LOVE」 でデビュー
ベティとローズによる姉妹ユニットで息ピッタリ!!
R&Bの歌の中でも彼女達のメロディーは特筆物☆彡
他にも「Zig Zag」「Rock Everybody」「Just Goofed」
などの軽快ナンバーもオススメ!!

EDDIE MY LOVE


ツイスト ブームの火付けは彼!!

Chubby Checker

1960年に大流行したツイスト62年頃まで
ヒットがありました。
彼の「The Twist」は大ヒットで大衆に受け
白人にも受け入れられるようなメロディーで
しかも腰にくるノリのいいアッパーチューン!
これは当時若者にきたんでしょうね!

The Twist

Let's Twist Again
 

プロフィール

MAR

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ