MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

2013年04月

ドイツのロッキン・ジャイヴ~!!!

Cherry Casino & The Gamblers
Let's Play Around!

ドイツのバンドの2006年デビュー作でRhythm Bombから。
Ike & The Capers、Spo-Dee-O-Deeなどで活躍してる
Ike Stoye、Axel Praefckeがいるバンドです。
ジャンプ・ブルースなロカビリーという感じで粋ですよ!!
サックス入りで若干スローな感じが最高です☆彡

Huh Baby

Did You Hear That Door Slam

Baby Please Come Back
 


70年代ロックを継承した個性派バンド

Earl Greyhound

中央はKamara Thomas(B、Vo)、左手はMatt Whyte(G、Vo)、右手はBig Ricc Sheridan(Dr)の3人組。
2002年頃結成に至り、ラウドでありながらブルース・ロックやハード・ロックを内包したロックを叩き付ける!
2006年10月にデビューアルバム「Soft Targets」発表。
Soft Targets

デビューアルバムながらブリティッシュなハードロックでありソウルフルで尚且つポップな面も併せ持つバンドです。
演奏するメンバーも個性的なキャラクターが揃っており面白いですよ。

S.O.S

It's Over

Monkey
 


パーティーするなら最高なスウィングで☆★☆

Squirrel Nut Zippers
Hot (1996)

1996年に発表のSquirrel Nut Zippersの2nd。
スウィング、ディキシーランド・ジャズがベース、カントリー、ハワイアン、カリプソなどが玉手箱のように1930年代にタイムスリップしたかのような音楽を聞かしてくれます。ドラム、ベース(アコースティック)、ギター、ピアノに、バンジョー、ウクレレ、ヴァイオリン、クラリネット、コルネット、サックスなどの編成で活動する。
ちょうどネオ・スウィングといわれるリヴァイバルの波に乗り、全米チャート27位を記録する。
バックに流してるだけでもいつしかあなたも引き込まれること間違いなしですよ(^^♪

Got My Own Thing Now

Put A Lid On It

Blue Angel

Bad Businessman

Meant To Be

Prince Nez
 


ドゥーワップ~ソウル~R&Bの永遠の歌い手

Ben E. King

ノースカロライナ州ヘンダーソン生まれ。1958年ベンはThe Five Crowns
として成功していたが、The Driftersのアポロ・シアターでのコンサートの前座を務める機会を得ている。同年リードシンガー(Clyde McPhatter)が抜けてしまい当時最高のR&BグループThe Driftersに加入(そっくり入れ替え??)。
そこで「Dance With Me」、「Save The Last Dance For Me」、「There Goes My Baby」など数々のヒットを歌います。
1960年にはThe Driftersを脱退。ソロ歌手になり1961年最初のシングル「Spanish Harlem」を発表。そして2作目となるシングルの大ヒットになる「Stand By Me」!!この曲はジョン・レノンにもカヴァーされる。「Don't Play That Song」、「Moon River 」なども聴き物♫
筆者は小学5年生の時に映画「Stand By Me」をVHSに録画して最後の曲Ben E. King「Stand By Me」の虜になりました。

The Drifters
Dance With Me

Save The Last Dance For Me

There Goes My Baby

Ben E. King
Spanish Harlem

Don't Play That Song

Moon River

Stand By Me


おまけにジョン・レノン
Stand By Me

女性ヴォーカルのロッキンなブルースを愛する

Etta James
Large artwork
この2曲はチェス・レコード以前の音で50年代はモダン・レコードで活躍しました。特にこの2曲はロックン・ロールを感じさせるナンバーで筆者大好き☆彡
Good Rockin' Daddy

Tough Lover


 Big Mama Thornton

エルヴィス・プレスリーの代表曲の一つハウンドドッグは1952年にジョニー・オーティス楽団が伴奏した彼女ビッグ・ママ・ソーントンの大ヒットオリジナルです。
Hound Dog

They call me big mama


LaVern Baker

52年にコロンビアで初録音、53年にアトランティックに移籍。
1955年に「Tweedle Dee」が初ヒットします。
ブルースでもロックン・ロールでも上手く拳の聞いた歌を歌います(^^♪

Tweedlee Dee

Tra La La 


Wynona Carr

1949年にスペシャルティー・レーベルと契約し初めはゴスペルを多く歌う。
ロックン・ロールとブルースを表情豊かに歌う実力派。
もっと知られていい筈なんでお薦めです!!

Boppity Bop

TILL THE WELL RUNS DRY


koko taylor

62年にココはベーシスト、プロデューサーのウィリー・ディクソンと出会います。64年名門チェスと契約し「Wang Dang Doodle」をリリース。R&Bチャート4位を記録する大ヒットとなる。ブルースの女性歌手を知るなら避けれませんよ(笑)
Wang Dang Doodle

I Got What It Takes


Linda Hopkins

ジャンプ・ブルースとジャズ・バラードの狭間に位置する歌で豪快さだけなく綺麗にも歌う人です。
Me and Dirty Blues

Rock And Roll Blues


Ruth Brown
Taking Care of Business - Singles As & Bs 1953-1960
デビュー時からヒットを出しR&Bの女王へ。彼女はニックネーム
「ミス・リズム」と言われ愛されました。なんてたってアトランティックのビルは彼女の稼ぎで建てられたと言われている

This Little Girl's Gone Rockin'

Lucky Lips


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


プロフィール

MAR

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ