MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

2017年07月

今聴いても色あせないアイドルですね♪

France Gall
Poupee de Son
_SX355_[1]
本名は、イザベル・ジュヌヴィエーヴ・マリ・アンヌ・ギャルという事でながっっ!!!となるのだが、彼女は、1947年フランスのパリに生まれてます。
1963年15歳の時に「Ne Sois Pas Si Bete (Stand A Little Closer)」恋のお返しでデビュー!この曲もなかなか楽しくて好き☆


1963年「Ca Va Je T'Aime 」恋のサバ・サバ娘もムードがあって好きだなあ♬


1963年「J'Entends Cette Musique」審判のテーマは、日本でのデビュー曲で、この曲の歌と演奏のメロディーは、本当に吸い込まれますね!


最初のヒットは、父が作詞している1964年「Sacre Charlemagne」なのですが、これも彼女ならではの堪らないポップス!!


「Laisse tomber les filles 」娘たちにかまわないで、April Marchがカヴァーしているのがデス・プルーフで使われて最近の方も知る曲ですね!自分この曲の感じ最高好き♪


なんと言っても有名なのは、1965年の「Poupee De Cire, Poupee De Son 」夢見るシャンソン人形!!!
この曲は町のどこかで聴いた事はあるでしょう?
60年代のフランスの名曲ですね☆


1966年「Les Sucettes」アニーとポンポンは、歌詞、雰囲気ともに可愛い歌ですが、意味を考えると危うい曲なんですってw


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

疲れて帰ってきた後にすっきり!!

Blue Angel
Bull's Eye
jpeg[1]
2004年作の3部作の3作目。
1曲目がMemphis Slimの「STEPPI'N OUT」というのが渋い!!
「Bull's Eye」タイトル曲はBlue Angelらしいナンバーですね☆
「Come On Eileen」のカヴァーも面白い緊張感の出来上がり!

Bull's Eye

音源無いので2009年のライヴを☆

JUST WANNA SAY 


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

最高なポップを週初めに聴いて気分良く行こうね☆

The Crickets
Something Old Something New...

BGOCD242[1]
クリケッツの1963年リリースの作品。
左からグレン・ハーディン、ソニー・カーティス、ジェリー・ネイラー、ジェリー・アリソン。
「Don'T Ever Change」が1962年、全英5位。

「My Little Girl」が1963年、全英17位。
 
その他の曲もカヴァーなど秀逸で、またハーモニーは古き良き50年代アメリカの音楽の様に聴けるよ!


こんにちは昨日は、母の手術で立ち会っていました。
母の手術は朝9時から夜7時くらいまでかかりました。
兄とは、久しぶりにお酒を交わし、今ある生き方とかを話し、母への
協力していく事など力を合わせてくことを固く誓いました!
正直、ブログも、SNSも、何かを自分が見つけるためにしている節があるので、これから何かを見つけれたら自分は、そこに全力で向かう気持ちです☆

⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

愉快なロックン・ロールね☆彡

THE LET'S GO's
LET'S GO! with THE LET'S GO's
THE LET'S GO'S / ザ・レッツゴーズ / LET'S GO with THE LET'S GO's
1stがリマスタリング盤で再発したらしいですよ!
全13曲。
メンバーによるセルフライナーノーツも追加収録とのことで買いですね!!
ロックン・ロール可愛くもカッコいいので楽しいアルバムですね☆
自分も若い頃なら・・・w
まあそれは言いっこなしだよね?
13曲ずっと行進曲のような?元気いっぱいにさせてくれる!!

Who Stole My Umbrella!?               


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

プロフィール

MAR

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ