MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

2017年11月

彼女の歌でアメリカの良き時代を想像する☆彡

Linda Scott
9200000072694291[1]
1945年ニューヨーク州クイーンズに生まれてる。
彼女は1959年のオーデションから歌手Linda Sampsonとしてデビューし、1961年Canadian Americanと契約し、「I've Told Every Little Star」(邦題 星に語れば)が1961年に大ヒットして有名になります。マツコさんの番組で流れて知る人も多いかな?
1961年~1963年までヒットに顏を出していたが、1964年以降はヒットがなく1967年までは活動していたようです。
作曲も出来る人だったのに時代の波にのまれたんでしょうね。
彼女の歌は、今でも愛され続けてますが、彼女の優しいけどパワフルな歌が今夜も僕の家のオーディオで夜を演出してくれてるのです☆


I've Told Every Little Star

Don't Bet Money Honey

Starlight, Starbright

I Don't Know Why

It's All Because

Bermuda

Yessiree

Count Every Star

Never In A Million Years

I Left My Heart In The Balcony


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

人生の哀愁が彼女の歌をより表情豊かに聴かせるのです!

Billie Holiday
Lady Day
The Complete Billie Holiday On Columbia 1933-1944

461[1]
タイトル通り1933年から1944年までの録音を編集した物で10CD BOXです!
11時間20分の音楽を聴くのは、きっと本当に好きでないとキツイw
僕は、音楽を流しっぱなしでも全然苦じゃないから愛聴のBOX SETなんですよ☆
18歳から29歳くらいという事になりますが、彼女の優しく深く強い声が心地よいことこの上ないです♬
彼女の人生は壮絶で悲しい部分が多いですが絶頂期のこの頃を聴き逃してはいけませんよ~~~!!!

A Fine Romance


Let's Call a Heart a Heart


No Regrets


Summertime


Getting Some Fun Out Of Life


I've Got My Love To Keep Me Warm


Me, Myself, And I


Please Keep Me In Your Dreams


They Can't Take That Away From Me


Travelin' All Alone


I'm Gonna Lock My Heart (And Throw Away The Key)



You Go To My Head


God Bless The Child


個人的に大好きな心安らぐ歌はこの曲☆
I Can't Believe That You're In Love With Me



⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

時代に流されていないロックを体感せよ!!

The Police
original[1]
ロックバンドの中でも特別なバンドの一つだと思う。
デビューが1977年のパンクブームの中にあるからスタートには要素があったんだよね!
でも彼らは独自の音楽性を築いていくんです。
レゲエの要素が一番スパイスになってるだろうけど、センスが半端じゃないね。
1986年の活動までのベストなんですが、彼らのような3ピースの最低限の編成でここまで面白いバンドは今後なかなかでないんでしょうね。


「Message In A Bottle」
なんて展開も含めて凄いけどメロディーも素晴らしい!
また、歌詞にある自分の孤独を打ち明けた歌が、共感を得たんだと思うんですよね!


「Don't Stand So Close To Me」
のリズムでこの歌詞を歌われたら。高校教師と女性生徒とのいけない恋ですよw
しかも先  生がさそってね!!


1980年のシングル「De Do Do Do, De Da Da Da」なんて来日記念盤で日本語になっていたんですよね?
自分は、ベストしか持ってないから詳しく知りませんが、この曲は湯川れい子さんがの日本語詞作らしいですね!
軽快なリズムがいいですよ☆


「Every Little Thing She Does Is Magic」この曲なんてポリスにしか作れないラヴソングだと思う!
歌詞の方はドキドキの心で彼女に打ち明けようとする男性の想いが伝わるようなないようなんですよ!


1983年のシングル「Every Breath You Take」
イギリスでもアメリカでもチャート1位を記録したんですが、この後に惜しくも解散。
この曲の持つ魅力はなんだろう?
歌詞には、現代ではストーカー?とでもいえるくらいの強い相手への気持ちがうかがえるけど、曲の不思議な感じはこの歌詞の為にある色付けなんですよね。
歌詞には単純なラヴソングでないことを思わせるのが深いですね。


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


会場での、お客さんの騒ぎが凄かったのも頷けるね!!

Micky Hawks
Bip Bop Boom

t3165541-b310668549_s400[1]
1940年ノースカロライナ州のトーマスヴィル生まれ。
子供の頃にピアノを学び、Ernest TubbとLouis Armstrongなどを聴いていたようです。
ホークスは1958年にボーカリストとピアニストとしてナイトレイダースに参加しました。
ジーン・ヴィンセントの「Be-Bop-A-Lula」の影響を受けたホークスは、最初の曲を「Bip Bop Boom」と書いて、Eddie Robbinsが所有するGreensboroスタジオで録音したんですよね。
B面曲「Rock and Roll Rhythm」もご機嫌なんですが、彼のバンドは全国区になれなかったんです。
当時のライブは、熱狂的で物が飛び交うほどだったらしく、その影響でライブキャンセルや、弁償代の借金が影響したとも言われてます!
インスト曲「Cotton Pickin'」や「Screamin' Mimi Jeanie」とかも最高なんですが、時代背景とレーベル側の押しなんだろうなあ?

Bip Bop Boom

Rock and Roll Rhythm

Cotton Pickin'

Screamin' Mimi Jeanie


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

この時代の日本の重要度は高いんだよね!

パワーハウス
ブルースの新星パワーハウス登場

51foJSGy46L[1]
横浜出身のグループで、メンバーは、陳信輝、竹村英司、柳ジョージ、野木信一の4人編成。
1969年に発売されたんですよね。
陳信輝のギターが大好きで以前Speed Glue & Shinkiの記事に書きましたが⇩
☆★日本のへヴィー・ブルース・サイケ・ロック★☆

また柳ジョージのベースもブイブイ鳴っててロック魂に唸ってくる!!
時代がらGSバンドという人もいるけど、ブルースロックでしかなく、また正直カテゴライズするのも意味がないように思う。



⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

プロフィール

MAR

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ