Linda & The 8 Arrows
299[1]
プロデューサーがブライアン・セッツァー・オーケストラのトランぺッターでもあるWillie Murilloのもと作られた素晴らしい作品です。
キャンディーズのカヴァー「やさしい悪魔」の英語詞もいいですが、やはり日本語の歌になじみがあるから個人的には、3曲目が好きです。
どの曲もオリジナルの感じで聴くと全く違うアレンジで面白いですが、リンダさんの歌も勿論最高なんですが、eitaroさんのギターも素晴らしいですよー☆
1.Sweet Devil~Baby Love mush up
2.コーヒールンバ
3.やさしい悪魔
4.コーヒールンバ カラオケ

5.やさしい悪魔 カラオケ

Sweet Devil~Baby Love mush up