MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

BLUES ROCK

ブルースロックの重鎮は意欲作続く!

Chickenshack
100 Ton Chicken

File:100tonchicken.jpg
1969年リリースの3枚目。
ジャケットは笑える感じだけど内容は本格的なブルース。
クリスティン・パーフェクトがいなくてもスタン・ウェブの個性が輝いていて聴いてて弱くは感じない。
ポール・レイモンドもいい味の働きをしていて聴き応えはありますよ!

The Road Of Love

Reconsider Baby

勿論ロウエル・フルソンのオリジナルよりは薄いけどいい味!
Mignight Hour


Still Worried About My Woman


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


お久しぶりです!
最近はできるだけやりたいことが出来たら優先するようにしていたら書く事をおろそかにしてしまいました。
ライヴに行ったり!娘と遊んだり!音楽聴いたり!
仕事はそこそこでねw
人生は思ったより短いからね!

ブルースロックの夜明け PART 15

Paul Butterfield's Better Days
Paul Butterfield's Better Days
ポール・バターフィールドはウッドストックで気ままな仲間と音楽活動をした。
そしてこの作品を1973年に発表しました。
参加したジェフ・マルダー、エイモス・ギャレット、ロニー・バロンも玄人なので才能織り成す素晴らしい作品となりました。
田舎でやるブルース、ロック、カントリーはこんな感じなんでしょうね?
逆に落ち着いたアルバムって制作しづらいというか派手になりがちですからアルバム通して名盤って少ないですよね!

New Walkin' Blues               

Please Send Me Someone To Love

Broke My Baby's Heart   

Buried Alive In The Blues

Highway 28 


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 



泣かすギターにはどっしりしたリズム隊が鍵だね☆

ZZ Top
ZZ Top's First Album
ZZ Top's First Album
71年に発売されたZZ TOPのデビュー作。
ジミ・ヘンドリックスに「アメリカで最高の若手ギタリスト」と称されたビリー・ギボンズ率いるバンドで、このアルバムでもわかる通り根っからブルース、勢いはロックン・ロール、サウンドはハードロック。
このストレートな音楽は脳天直撃しますよ!
こんなフレーズをギターショップで聴きそうでしょう?
でもビリーのようには泣かせてないですよね~。
ブルースアーティストや大物ロック・アーティストとの共演でどんどん実力もつけてく彼等ですが、既にこの頃には片鱗がありますね☆

Brown Sugar


Old Man

Just Got Back From Baby's


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 



ブルースロックの夜明け PART 15

John Mayall & The Bluesbreakers
Blues From Laurel Canyon(1968年)

こちらミック・テイラー参加最後のアルバムでブレイカーズとしても最後になる作品。
彼はこのアルバムで素晴らしいプレイを見せていて面白いです!
ジョン・メイオールの声は弱く相変わらず好き嫌いが出るでしょうが・・・。
1968年当時、全英33位になってますね!
この後にローリング・ストーンズに参加することになるんですよね。

Walking on Sunset  

Vacation

2401

Somebody's Acting Like A Child

The Bear


1曲友情出演程度にピーター・グリーンが参加してます。
First Time Alone


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


ブルースロックの夜明け PART 14

John Mayall & The Bluesbreakers
BARE WIRES (1968年)
[Bare Wires - John Mayall & the Bluesbreakers Album Cover Art]

後にコロシアムを結成したメンバーのジョン・ハイズマン、ディック・ヘクストール・スミス、トニー・リーヴスとミック・テイラーなどが参加したアルバムです。
組曲形式で風変わりな作風なのですが全英2位というチャートを残しました。
ハードなスタイルのブルース・ロックは聴けませんが随所にジャズも感じれられ流しっぱなしにかけて聴いていると案外馴染んでくる不思議なアルバムなんですよ(笑)。

Bare Wires Suite

Look In The Mirror
 
Hartley Quits


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ