MAR ROCKA !

音楽こそ最高の特効薬!

DOO & WOP

皆さんのお気に入りの一枚になる事必死!!どう?

The Belmonts
Cigars, Acappella, Candy
MI0003546208[1]
皆さんこんばんわ!
先週は友人と二度目の富士山登山で厳しくも最高な体験してきました!!
ですが体調を崩し、実は今も熱もあるw
そんな時にでも聴きたくなる音楽って、楽器なしの歌なんか最高なんですよ!
そこで名盤なのに意外と知られてない?
1972年リリースの本作「Cigars, Acappella, Candy」を推薦!!
ディオン&ザ・ベルモンツとして有名なのですが、ディオン脱退後の60年代にも素晴らしくてヒットを残しています。
だけどもあえて今回1972年の再結成時のこのアルバムに耳を傾けていただきたい!!

That's My Desire

Da Doo Ron Ron

We Belong Together


またまた放置気味に泣てますが、皆さん見てくれてるwww
以前コメント頂いた方にリアルでコメント返せなくてごめんなさいね!
なんせ未だによくブログ?わかっておりませぬ( ;∀;)
気が付いたら5年も書いてるって・・・。
何枚書いたんだ・・・。
誰のために?自分の為に?
いやきっと音楽が好きだから・・・。
それだけなんでしょうねwww


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 

アルバム全曲聴いてても全く飽きないや!!!

Rocky Sharpe & The Replays
Shout! Shout!

Shout! Shout!
1980年の3rdだよ!!
彼らの音楽聴いてると50年代の音楽、オールディーズ、doo&wop、ロカビリー、ロックンロールが大好きなんだってわかるよね!!
踊りにも、ドライヴにも流したくなるポップさが最高☆彡

2nd⇩
オールディーズスタイルで元気になれる音楽はコレ!
1st⇩
陽気に踊るのは自然なことだね!!

1. Come On Let's Go

2. Get A Job

3. There'll Never Be Anyone Else But You

4. Tick Tock

5. Can't Stand It Anymore

6. Love, Love, Love
                                 
7. Looking For An Echo

8. Shout! Shout! Knock Yourself Out

9. Whole Lotta Loving
10. She Don't Want Me Now
11. Alright, Ok, You Win
12. Heart

13. You Were Made For Me

14. Too Much Monkey Business

15. Paradise Lost

16. Please Don't Say Goodbye
17. Hey! Hey! Good Lookin'

18. Heart (Backing Vocals Version)

⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


完成度はカヴァーだけど偉大なのはオリジナルです!

Maurice Williams & The Zodiacs

Maurice Williamsは1938年サウス・キャロライナに生まれました。
当初はドゥーワップグループでキャリアを積んでいたようです。

ダイアモンズで有名な「Little Darlin'」のオリジネイターとしられ(Gladiolas時代)60年代に白人のブリティッシュ・バンド(ホリーズやフォー・シーズンズ、ジャクソン・ブラウンなど)にこぞってカヴァーされた「Stay」も彼らがオリジナルです!
初期ソウルを感じる音楽でなかなかに良いですよ!

Stay 

The Four Seasons - Stay 

Hollies - Stay 



 

Little Darling

THE DIAMONDS - LITTLE DARLIN' 

Little Darlin' - The Four Seasons 


 コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


50年代白人ドゥーワップの醍醐味☆

The Crew Cuts
CREW-CUTS-Sh-Boom-Where-Swing-Meet-Doo-Wop-R-R-2-CD-Vocal-Groups-Doo-Wop
結成は1950年~1951年頃で前身グループを結成したらしく最初はThe Jordonaires、1952年にThe Four Tones、The Canadairesと名乗っていてThe Crew Cutsと名乗り始めたのはどうも1953年頃ですね。
丁度Mercuryのオーディションに合格したあたりです。

そういえば彼等もカナダが出身国ですから、Four ladsThe Diamondsとかと同じなんですよね!
元々Four ladsに影響受けてますしね☆

1954年のT
he Chordsがオリジナルで出した「Sh-Boom」のカヴァーで全米1位のヒットさせたことで知られた白人ドゥーワップ・グループ。

同年に全米13位「Oop-Shoop」。

ヒットも1954年
「Crazy 'Bout Ya Baby」全米8位。


1955年の
「Earth Angel」は全米3位、全英4位になってます。もちろんThe Penguins(こちらは1954年R&Bチャート1位)のオリジナルなのですが、彼らの方が明るい感じでドゥーワップが特に好きでない方も聴きやすいですよ♫


それと1955年
「Ko Ko Mo」全米6位。
オリジナルはGene & Euniceが1954年に録音していてR&Bチャートで6位を記録しています。


「Gum Drop」も1955年の全米10位になるヒット!


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩



陽気に踊るのは自然なことだね!!

Rocky Sharpe & The Replays
Rama Lama Ding Dong


彼等はネオロカでもないしロックンロールでもないけどオールディーズやドゥー・ワップのリヴァイバルが1970年代後半にはもう波が来ていて、ネオロカも急に流行したんでは無くて、彼らのようなグループ、バンドが背景にあるんですよね!
彼等のドゥー・ワップはオリジナルと比べるよりも彼ら事態のポップでダンスしちゃうノリに魅力があるんですよね☆
1979年発売で1st。
The Edsels、The Earls、Mickey & Sylvia、The Moonglows、The Drifters、The Skyliners、The Velvets、The Cloversなど大好きなグループの名曲たちがカヴァーされていて明るいダンスパーティーチューンになって足や体が動いちゃって、だまってられないですよ~♫

Rama Lama Ding Dong 

Never

Imagination

OOp Doop Doop


⇩ コチラへポチッと一押しご協力お願い致します ⇩ 


プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ