ストップ高上方修正銘柄を事前に予想

株 始め方 株 やり方 株 おすすめ 株 入門 株 wiki 株 始め方 資金 株 初心者 株価 株主優待 株 ブログ

LINE関連銘柄 仮想通貨関連銘柄 5G関連銘柄 選挙関連銘柄 ブロックチェーン関連銘柄

ファステップス

ビットコイン関連の材料を発表して急騰した
このビットコイン関連と言う怪しげな材料。
こういう株が、信じられないような相場に発展する可能性がある

(株)ラピーヌ現在株価1,022
V字回復、超絶サプライズ決算


【純利益】
 通期予算 1億円
 第1Qでクリア 2億3千万円 達成率230%

【EPS】         PER20の場合の株価
 通期  36円       720円
 第1Q  83円      1,660円

【理論通期予想EPS】      PER20の場合の株価
 83円×4期=332円    6,640円     

(株)ファステップス現在株価667
仮想通貨関連
(株)ラピーヌ現在株価984
V字回復、超絶サプライズ決算

インフォもさくらも300円あたりから上昇開始して
1週間あたりまではほぼ順調に上がっていたが
調整が入り4〜5日の調整を終えてから
第2ステージに入りどちらも1500円くらいまで
上昇して行った。
それらから比較すると上昇始めてから
調整に入ったと思えるので
この調整が終わると第2ステージを目指す展開に期待   

(株)ファステップス

ストップ高!仮想通貨関連
本日最安値
623(09:15)

いったん寄る不思議


まるで乗り遅れが出ないように
待ってくれているような値動きを
するのがアフユーバーガー銘柄の特徴
ではある。 

(株)買取王国779

18年2月期第1四半期(3-5月)の経常利益(非連結)は
前年同期比4.6倍の3200万円に急拡大

(株)ラピーヌ現在値1,305
やっと寄ったね
最安値1,221
タイミング間違えると
即死亡

なんか
いい感じですね。
今までが、今までだから

あがってくのか、さがってくのか
品定めしてる感じ!
あがると決めたら
ワーッっていきそう

成り行き買い注文残。発行株より多い。
あんな高いところになっているぶどうなんて、どうせ、酸っぱいぶどうだろう。


買える可能性 6000パーセントない

『宇宙からの大予言−迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』1987年(現代書林)松原照子


ささやく人々の訪問p38
ささやく人々の正体p52

Twitter(ツイッター)

「ツイート」と称される140文字以内の短文の投稿を共有するウェブ上の情報サービス。2006年7月にオブビアウス社が開始したウェブサービス。日本語では「ささやくつぶやき」と訳され緩い「繋がり」(人間関係)が発生し、広い意味でのソーシャル・ネットワーキング・サービスの1つといわれることもある。Twitter での情報発信の力はかなりの影響力を与えている。

1987年といえばインターネットもなかったその時代に、「ささやく人々」というフレーズを本のなかで「ささやくつぶやき」ツイートしたことは『大予言』と言ってもいいだろう。

津波 p68

第1弾が来たあと、愛知から東京あたりまでの水を被りやすい一帯に住んでいる人びとは、二、三日のうちに、高所に逃げてください。第3弾の津波は、高さ80メートル以上、120メートル以内(日本におけるいままでの最高は89メートル)と思われますので。それ以上の高所へ避難してください。海岸べりに、人がまとまって打ち上げられる光景が見えます。それも1万や2万ではありません(私だけでなく、多くの超能力者の方がたが、津波の夢をみています)。また、東京は水を被るというより、地下から水が湧き出て、水面がどんどん高くなっていくような光景です。



わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物 恐怖の男・安倍氏p88

1987年に、安倍さんのことを「恐怖の男」として予言しています。松原照子氏は、1987年に出版された『宇宙からの大予言−迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)という本の中で、恐怖の男・安倍氏の事を次のように書いています。
「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」
「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形 です。政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のために命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります」
安倍首相 集団的自衛権 安保法制 憲法改正 自衛隊 戦争 原発
 集団的自衛権を行使できるようにする安全保障関連法、施行された。自衛隊の海外での武力行使や、米軍など他国軍への後方支援を世界中で可能とし、戦後日本が維持してきた「専守防衛」の政策を大きく転換した。
松原氏が述べた「草も口にでき なくなる」という表現は、原発事故と関係があると考えられないだろうか?

どうなる2000年以降の世界 p131
2008〜2010年
南極に陸地が増え始めます。

地球温暖化 異常気象の増加
気象現象への影響は一括して「異常気象の増加」、気候への影響は「気候の極端化」。温暖化に伴って気圧配置が変わり、これまでとは異なる気象現象が発生したり、気象現象の現れ方が変わったりする。
気温の上昇により氷床・氷河の融解が加速されたり海水が膨張すると、海面上昇が発生する
豪雨の増加、農業用水の不足、植生の変化、干潟や砂浜の消滅、地下水位の上昇などによる被害の増大の予測が報告されている。特に、農業では、米がとれなくなり、漁獲量では、暖水性のサバやサンマは増えるものの、アワビやサザエ, ベニザケは減少するなど、甚大な被害が予想される。寒害の減少、北日本における米の生産向上など一部では利益も予想されるが、最終的には被害が大幅に上回ると見られる

ブログ「幸福への近道」 2011.2.16
やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。
「陸前高田」と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。
どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。
指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。
東和と書かれている場所辺りが気になった。
今度揺れると広範囲に思える。
岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが 書かずにはおれない思いになります。
目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。
千葉も 神奈川も近く揺れると思われるし 東京・埼玉も「なんだこれ」私がおかしいのか群馬も 栃木も 長野も いつ揺れてもおかしくない事を地図は語ってくれているだけに 私自身 今日は地図を見る力が薄れているのかと 心配になってしまうくらいだ。
もしかすると近日中に何回か揺れを感じるか かなり広範囲なのかもしれないと思った。

P.68-70 
 地震が起きる少し前、海は高くなり、石廊崎の斜め左に遊覧船のような白い船(Paradiceの文字が見える)があります。船は陸よりも高く、そのままの高さで、温泉街の白い建物に向けて動き始めます。その日は晴れていますが、日中の日差しではなく、午後の2時から5時の間と思えます。温泉街のバックの山やまは緑が濃く、紅葉でも冬の景色でもありません。
 半島の西側に黄金の水が流れているのが見えます。空から見下ろすと、西側一帯に線が引かれ、青い海に黄金の恐怖が流れ込んでいくのが見えます。大変な画面です。


魔の水曜日に何かが起こる
 その大変なときは、もうやってきています。このことだけは、私はまったく外れることを願っています。
 その日は、日一日と近づいています。私は、地球にとって大変なことを見せつけられました。
 「魔の水曜日」という言葉が、頭から離れません。日本の大変な日が水曜日なのか、地球の大変な日が水曜日なのか、私にはわかりませんが、この日にいったい何が起こるのでしょうか。
 

このサイトはいわゆる投資顧問のサイトではあ
りません。注目する銘柄を日記として書いてい
ます。銘柄の推奨ではありません。風説の流布
や買いを煽ることにつながるような表記は得意
ではありませんし避けるようにしています。そ
のため注目する理由・データ等は掲載していま
せん。あくまでも株の売買は自己の責任におい
て執行してください。この趣旨に賛同いただけ
ない方のこのサイトの閲覧はご遠慮くださるよ
うお願いいたします。 

買い材料や情報は投資家の為にあるのではなく、
だれかが投資家に買わせる為の大義名分の為
にあることを知っていますか。売り材料や情報
はだれかが投資家に高値買いさせた後、急落
した時の言い訳の為にあることを知っています
か。仕手株が異常に高くなったとき、どこから
ともなく「もっと高くなる」という情報は、仕
手筋が売り逃げる為に流される情報であること
を知っていますか。仕手株が下落し始めた直後
に、「仕手本尊が近く再攻勢をかけるらしい」
という情報の9割以上は実現していないことを
知っていますか。 ガセ情報を信じれば損をし
、真実情報で買いを入れれば値段が飛んで高値
づかみになって、儲からないことが少なくない
ことを知っていますか。 チャートやアルゴリズ
ム、一見科学的な理論では実はほとんど勝てない
ことを知っていますか。
新聞や証券会社の、推奨記事、銘柄診断、市況
予測は読んではならない。一般投資家が安心す
る時が一番ねらわれる。ここで負けるわけには
いかないと思った時が一番、あぶない。

このページのトップヘ