ランスシリーズの完結編「ランスⅩ」、ついに全クリ達成しました!キャッホイ!
a29b

エロゲ界の大作シリーズとして、やりこみゲーム要素も強いことでその界隈では有名なランスシリーズ。
ランス1が出たのは今から30年くらい前ということで、当然私はまだ生まれていません。私がやり始めたのはつい数年前の就職してから、「大人になったし、18禁ゲーできるじゃん!しかしゲーム要素ないとつまらないな~」ということで色々検索して知ったことがきっかけ。丁度「ランス8(正式名称ランスクエスト:ジャンルRPG)」が発売したくらいの時期だったこともあり、「ランス8」をまずプレイしました。今思うと「何故8から?」と突っ込みたいところ。(↓8のデータがまだ残ってた。大分やりこんだな)
a29b


その後まんまとハマってしまった私は、ランス1から順番にプレイし、全部やり終えた頃にはすっかりランスの世界のファンになってしまったわけです。(ちなみに、1~4までは公式が無料配布宣言してます)

前置きが長くなってしまいましたが、そんな私がずっと待ってたランスⅩ、シリーズの完結編。
なんと今回は「全人類 対 全魔人」という、完結編にふさわしいストーリー。
ランス1~9にかけて、その世界での主要各国の事件を解決してはその国の主要人物との縁を作っていたランス。
そのかいもあってか、人類滅亡の危機の中纏まりきれない各国すべてを纏め上げ、「オレについてこい!世界を救ってやる!」と宣言するランス。
正直、今までの「1~9」は、この為にあったんだな~と思った。全部前振りだったのだ。今作のための下地作りというわけだ。(↓各国の王や王姫達。)
a29a


何処から話したら良いかがわからないので、ここからはポイントに絞っての感想にします。

[戦闘システム・ゲーム要素に関して]
このゲームをやり始めた理由。毎回ゲームシステムの中毒性が高いので、今回も期待していた。
今作のジャンルは「大戦争RPG」
・・・RPGはわかるけど、大戦争とはなんじゃらほい。
そう疑問に思いつつ、戦闘開始(マニュアル読まない派の私)
a29b1
これが実際のゲーム画面。
「よくある普通のRPGじゃない?」と思ったけど、よく見ると敵のHPと仲間のHPが一つずつしか表示されていない。
そう、これは互いの陣営のキャラHPを足した総数。これが無くなる=全滅ということ。
これだけ見ると仲間キャラは7人しかいないように見えるけど、実際は違います。
a29b2
↑右側に書いてある通り、276名の仲間のHPの総数です。
開始当初は数人しかいませんが、仲間を増やすことで皆が一斉に戦闘に参加するわけです。
大勢対大勢。まさに大戦争RPG
仲間の増やし方なのですが、これが最近の流行を取り入れてるのか、かなりソシャゲ的
a29b1
敵を倒すことで確率で手に入る宝箱。これを開封するとーーー

a29b1
3枚のカードが出てきます。真ん中の光ってるのがいわゆるSRみたいなもの。

a29b1
で、この中から一枚を選んで入手する。という手順を繰り返し、戦力を増やしていきます。
「ソシャゲっぽいな。これどうなんだろうな~」と思ったけど、これが中毒性が高い!
数えきれないくらい膨大な種類が用意されているようで、何週やってもいまだにコンプ出来る気配がない。

「仲間を増やして、皆でバトル」という戦闘システムが、「全人類 vs 全魔人の戦争」というストーリーに見事にマッチしており、自然と感情移入が出来た。

僕、今戦争してるよ!一員になってるよ!

と時間を忘れてのめり込んでしまいましたw

[キャラクターに関して]
まずなんといっても、ありえないくらい登場人物が多い。
公式HPを一度見てもらいたいんですが、100人は余裕で超える登場人物。それぞれに数種類の立ち絵やイベントが用意されているわけで、凄い気合の入れよう。流石完結編。
膨大な量のイラストを描いた原画家さん、本当にお疲れ様です。
公式HPの登場人物紹介:http://www.alicesoft.com/rance10/chara/index.html

そして、今作にはたくさんの子供・赤ちゃんキャラがいるのが特徴的
今作まで、ランスが各国の姫様達に手を出し続けた結果、なんとランスにはたくさんの子供がいる状態に。

カラー族の王女パステルとの子供、リセット
シリーズ人気投票NO.1のキャラ。私も大好き。
リセット可愛いよリセット、あ~可愛くてツライ。
いや、ロリコンじゃないですよ?これは父性というか(ry
a29b2

悪魔フェリスとの子供、ダークランス
a29b2

リーザス国王女、リアとの子供、ザンス(赤ん坊ゆえに立ち絵なし)ネーミングセンス壊滅
a29b2

ゼス国王女、マジックとの子供、スシヌ(赤ん坊ゆえに立ち絵なし)
a29b2

ヘルマン国王女、シーラとの子供、レリコフ(同じく立ち絵なし)
a29b2

JAPAN国山本家当主、山本五十六の子供、乱義(良い感じのスクショ取り忘れた)
a29b2

他にも、元々は大人だったものの、前作「ランス9」にて子供の姿に退行してしまった人気キャラ魔想&ナギ姉妹
a29b2

と、妙に子供キャラが多い。
「国王と子供作りすぎだろ!国際問題になるぞ!」とツッコミを入れたい。

なんでこんなに子供キャラ作るんだろうな~思ってたけど、ちゃんと意味があったと後に気付く。
まさかこれらが伏線・下地作りだったとは・・・(詳しくは後述)

[ストーリーに関して]
過去作でも人類を脅かした魔人。それが一気に10人以上攻めてくるということで、凄いワクワクした。
今シリーズのラスボスであり、最強の魔人「ケイブリス」を筆頭に魔人一人一人にちゃんと設定や性格、戦争に取り組んだ理由が設定されてて、ちゃんとドラマがある。(↓画像右側に魔人一覧)
a29b

ほとんどの魔人はケイブリスに「協力しなきゃ殺す」と脅されてたり、大事な人を人質に取られてたりで、本当は良いやつが多いというのも面白いポイント。「むしろ主人公の方が悪じゃね?」と思うくらい倒すのを躊躇う魔人が多くてつらかった…
しかしこれ、なんと進め方によってはそれらの魔人を仲間にできることも最高に嬉しかったポイント。やっぱり敵キャラだった存在が仲間になる瞬間は、男心をくすぐられるよね!(伝われ)

料理人に敬意を払う、ハラペコグルメ魔人ガルティア
a29b

女性を大切に扱う、困っている人は無条件で助ける老紳士魔人ケッセルリンク
a29b

一匹狼、タイマン大好き男気溢れる魔人レイ(ロリコン)
a29b

と、男キャラの魔人がけっこう良い味だしてる。当然魔人は皆仲間にしたよ!頑張った!!
a29b


これとは逆に、自ら進んで戦争に参加している少数の魔人。こいつらが本当に胸糞悪いゲス過ぎて、思い出しただけでも悲しくなる。

その中でも極め付けでヤバイゲスキャラが、「魔人メデューサ」という蛇型の女魔人。たぶんプレイした人のほとんどがトラウマを植え付けられたことと思う。僕も勿論その一人。
a29b

「人間の女性をいたぶって、性的・身体的拷問にかけてから殺すことが趣味」という時点でヤバさ全開なんですが、悲しいことになんと、ランスの仲間も数人こいつの餌食になります。

「ランス6」でメインキャラだった
・ゼス国王であり主人公の友達:スーパーガンジー
・↑のお供その①:カオル
・↑のお供その②:ウィチタ
a29b

上記3人が全国生放送で拷問中継されたのちに殺されてしまいます。しかもイベントCGつき(文章打ち込んでいるだけで悲しくなってきた…助けて…)

メデューサの蛮行はこれで収まらず、その後は「ランス5」のメインヒロイン、私も好きなキャラ「リズナ」を拷問にかけ、その影響で半身不随、今後生涯介護が必要な体になってしまい、戦闘メンバーから離脱してしまいます(勿論イベントCGつき)。レベル上げた意味がなくなっちゃった!FF7のエアリスかよ!
a29b2

このシーン、マジで私はつらくて、クリック連打しまくった。なんてことしてくれるんや…リズナを返して…

※まあ、リズナの身に関しては、実は後に救済措置が用意されてるので安心した。詳しくはこれも後述します。


最後に、こいつを抜きには話せない!今作のラスボス「最強・最古の魔人 ケイブリス」
こいつのキャラ設定も面白かった。人類を滅ぼそうというのだから当然悪なんだけど、そこにいたる過程や生き様が熱い。
a29b2

6000年前に魔人になったケイブリス。当初はそこらの雑魚モンスターにも敵わないほどの「最弱の魔人」だった。
ただ寝るのにもおびえ、一日一日生き延びるのに一生懸命だった。
そのためには何でもした。卑怯と罵られても逃げた、強いやつには媚びへつらった。
(↓右下の小さいのが初期のケイブリス)
a29b2

そんなケイブリスの願いは単純。「世界で一番強くなりたい!そして安心して寝れるようになりたい!」ただそれだけ。
毎日毎日、恐怖の日々を生き延びながら、必死に修行した。努力した。鍛え続けた。

…そして6000年後、ケイブリスは最強の力を手にしていた。
周囲は自分を崇める魔人で溢れていた。
(↓同じく右下の大きいのがケイブリス)
a29b2


…努力の人じゃん!正直ちょっと心の中で応援しちゃった!

性格は人を見下す最低な奴なんだけど、その努力だけは認めてあげたい…報われてほしい!

ラストバトルのケイブリスとランスのバトルも必見。手に汗握る凄い熱い展開だった。
(ちなみに、めっちゃ強くて数回ゲームオーバーになった)


この「ケイブリスを倒してハッピーエンド」というのが中々の難易度で、普通に何も考えずに進めると途中でケイブリスに辿りつく前にバッドエンドになってしまう。そうやって何度もバッドエンドを重ねて、試行錯誤して、その末にたどり着いたケイブリスとの決闘。凄い感慨深いものがあった…極力攻略サイトみないで進めたから尚更…(TωT)

そうしてついに、待ちに待ったハッピーエンド!エピローグに辿り着きました!

「やった!大団円だ!ひゃっほい!」

・・・そう思ってたのも束の間、なんと想いも寄らない事態が発生します。
ここから先は更に強大なネタバレ。既にプレイ済orプレイする予定がない人(そんな人はそもそもこのブログ見て無いと思うけど)のみ進んでね!


























人類勝利の祝賀会。その最中にメインヒロインのシイルがある人物に会います。
a29b1

ランス1から度々出てきては、ランスに不幸な目にあわされちゃうという可哀想な名脇役、バードさん。
「そういえば今作ではまだ登場してなかったな。エピローグでようやくかよw」
と苦笑していました…途中までは。


a29b1
・・・ん?


a29b1
・・・え!?

a29b1
・・・ちょ、やめてくれ!



a29b1
ああああああああああああああああ!!
シィルウウウウアアアアアアアアア!!
パソコンの前で悶絶する私、ランスと一緒につい名前を叫んでた。

瀕死のシイルさんに流石にランスも焦りを浮かべるのが、見ていてツライ。
a29b1

ここからのシーンがめっちゃ泣いてしまった。
もうすぐ死んでしまうと自覚したシイルが、ランスに語り掛ける。
その内容は、本当に日常的な、どうでもいいものばかり。

それが、余計に、辛くて画面が見れなかった・・・

a29b1

そうして、シイルは息を引きとった・・・




不幸はこれで終わらない。
この世界で最強不滅の存在、魔人の更に上の魔王。
現在の魔王は人類に協力的であり、倒す必要はなかった。
a29b1

しかし代々受け継がれてきた「魔王の血」がそれを許さない。
強制的に「人を殺したい」という欲求が膨らみ続け、今にも暴れだす寸前に。
魔王とはこの世界において、「絶対に倒すことが不可能」というシステムで決められているほどの絶対的な存在。


そんな時、ランスが「俺が魔王を引き継ぐ」と宣言し、魔王の血の継承を行う。
無事継承は終わり、「これでこの世で俺が一番だ!ガハハハ」と高笑いをしたところで、エンディング。

もうこの笑いが、シイルを失った悲しみから逃れるように自暴自棄・空元気になってるようにしか見えなくて、見ていてとてもツライ。しかもこれでエンディングかよ…

なんていうか、確かに人類は救われたかもしれないけど、大事なメインヒロインが死んじゃうエンドだとは・・・
うう、ほろ苦い結末を迎える作品は数あれど、まさか150時間プレイしたのちにこんな結末とは、なんかモヤモヤ・・・


と思いつつエンディングを見てたらー



「第2部が開放されました」

とのテロップが・・・!


「え!?まだ続きがあるの!?というか第2部ってなに!?最近よくあるタイムリープのやり直し系か?」と膨らむ疑問。

震える手で第2部開始のボタンを押す私。
a29b1


そして始まる物語は、想像していたものを超えるものでした…


というわけで、思ったより長文になったので一端ここで切ります。
続きは「第2部感想」で!