ほんの5〜6年前の話。

筋金入りの蕎麦派だったあたしは、うどんなんて、
おっちゃんが駅のホームで立って食うもんだと思ってました。

ついでに告白すると、「讃岐うどん」って単語は知ってましたが
その「讃岐」ってのが、日本のどこにあるか知りませんでした。

青森から茨城に転勤になって間もなく、住んでるとこの隣の駅が
「佐貫」って駅で。そこのうどんが「さぬきうどん」なのかと・・・
ネタじゃないです。まじな話です


そんな甘酸っぱい昔話を思い出しながら・・・

讃岐の里 
 「讃岐の里」@宇多津


讃岐の里


かけ 210円 モチモチ麺にしょっぱ目イリコ出汁おいちぃ〜〜

ここ、坂出ICのすぐそば。県道33号に抜ける、ちょっと入り組んだ
のどか〜な住宅街にあるのね。ぜんぜん知らなかったわぁ〜

讃岐の里 ◆讃岐の里
 綾歌郡宇多津町198ー7
 10:00〜18:00 
 木曜日・第4水曜日休



初めて「さぬきうどん」ってやつを目の当たりにした人が
「醤油が沈んでるじゃんよぉ〜〜〜醤油!!」なんて言いながら
どんぶりの出汁をかき混ぜてる光景に出くわしても、
あんまり冷やかな目で見ないで下さいね。

きっとあたしだけじゃないと思うから

うどんと言えば、黒くて甘いカツオ出汁に、ふにゃふにゃの麺。
そう刷り込まれて育っちゃったんだから、しゃ〜ないんです