P1060701-1 友達と多度津までドライビ〜ン
 今日は新規開拓するぞぉ〜!!

 おぅ!!(by招きねこダック)
 お前にはまだ早い!!(byお父さん)



多度津の「橋本うどん」

橋本(多度津)


橋本(多度津) 

 実は今日で閉店。
 最初で最後のうどんです



 お昼ちょっと前、
 先客で席はほとんど埋まってました。



橋本(多度津) さてさて、何を食べ・・・
 てかどれも安〜〜っ

 天ぷら各種は70円。
 缶ジュースも70円。


「山かけ」300円だって!!安っすぅ〜〜〜〜!!

満場一致で「山かけ」に萌えた(笑)

一般店なので、おばちゃんが注文を取りに来てくれて、運んでくれます。

橋本(多度津)


そんなわけで「山かけ」300円。あたしは冷たいの。

あらかじめ薄い色の出汁が「ぶっかけ」っぽくかかってました。
タマゴも乗ってるとは思わなかった。うれちぃ〜〜〜

「薄かったら醤油を足してなぁ〜」と、おばちゃん。

BlogPaint 限りなく食堂チックなうどん屋さん。
 麺もほんわか系かと思ったら・・・
 驚く程シャキ〜ンとした麺


豪快にぐちゃぐちゃ〜〜〜っと混ぜて食べると、薄口出汁の加減が絶妙!!
トッピングのワサビがピリッと効いて、めっちゃうま〜〜〜

友達の食べてたぬくいのも、「山越」の「かまたまやま」チックで美味でした。


周囲は、新しくてキレイな、女一人でもふら〜っと入りやすいお店が並ぶ街道沿い。
ちょっと異色なオーラを放つこのお店には、なかなか近寄れなかったんです。

あぁ〜どうしてもっと早く食べに来なかったんだろう
うどんツアーに来る友達に、自信を持ってお勧め出来る店だったのに。


橋本(多度津)
 大正2年創業の年期の入った厨房。

 厨房では、大将と女将さん、
 そして腰の曲がったおばあちゃん。

 釜の前、汗だくで麺を湯がく大将に
 撮影のお願いをしてみると、
 大忙しの昼時にもかかわらず
 厨房の中まで招き入れてくれました。
 ありがとうございました

 早朝6:10からのロングラン営業。
 今までたくさんのお客さん達の
 朝の胃袋を幸せにして来たんだろうな

 長い間、お疲れ様でした!!



◆橋本うどん
香川県仲多度郡多度津町東白方30−8