喝屋(かつや) 昨日のプチうどんツアー
 2軒目は、三野の「喝屋」(かつや)
 セルフじゃない一般店です。


お店に入るなり喝でも入れられるんじゃないかと少々ビビリながら
コンニチハ〜〜〜

店内はけっこう広く、お店の一番奥には「一日一麺」と書かれた、
大きく真っ赤なのぼり。

つぅか今日は2麺目デス・・・5麺なさい・・・な〜んて言おうもんなら
速攻で喝でも入れられるんじゃないかと、またしてもビビリながら、
ここは余計な事は喋らずに「かけ」を注文。

大将は真っ赤なのぼりの前で、客席を眺めながら、リズミカルに麺切り。

「対面麺打ち」

讃岐歴3年の若輩者のあたしではありますが、こんなスタイルのうどん屋で
半端な麺を出さない事ぐらいはわかります。

期待に胸を膨らませてると・・・うどんキタ〜〜〜

喝屋(かつや)



かけ(小)200円 かまぼこ&ワカメが入ってるぅ〜〜〜


喝屋(かつや)


予感は的中ス〜ッとお行儀良くって、ピッカピカのもち肌うどん。


喝屋(かつや)


しかも凄いコシ!! エクセレント

かけ出汁は麺に負けない位に昆布がガツンと効いた濃い味。
飲み干すにはちょっと塩辛いかなぁ〜と思いつつも、美味いから飲んじゃった。


喝屋(かつや)


おでん 90円。 ネギ盛らせてくれるとこ好きぃ〜〜〜
味噌は甘口。カラシを効かせた方がヨカッタかも。


一見、頑固オヤジっぽく見えた大将ですが、
目配り気配りの行き届いた方とお見受けしました。
お店を後にするお客さん、一人一人に、丁寧に声をかけてたのが
ものすご〜く印象的でした


◆喝屋(かつや)
三豊市三野町大見甲5854−1
11:00〜14:30
日曜休