東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の初公判が28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、加藤被告は「わたしが犯人であることは間違いありません」と述べ、殺傷の事実を認めた。弁護側は刑事責任能力などについて争う方針を示した。
 罪状認否で加藤被告は「この場を借りておわびさせてください」と被害者や遺族に謝罪した上で、「せめてもの償いは、どうして事件が起きたのか明らかにすることだと思います」と述べた。
 検察側は責任能力について、起訴前の精神鑑定結果から、事件当時、加藤被告に完全責任能力があったのは明白だと主張するとみられる。
 一方、弁護側は、被告が犯行当時、何らかの精神障害のため、心神喪失か心神耗弱の状態だった疑いがあると訴える方針。
 弁護側はこのほか、負傷者1人については殺意がなく、殺人未遂罪は成立しないと主張。取り押さえようとした警察官に対する公務執行妨害罪の成立についても争う。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「秋葉原無差別殺傷事件」
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り
加藤被告の初公判=責任能力争う方針
加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点

財政難でも「全国2位」 平松市長ら 給料据え置き(産経新聞)
犯罪被害者の会 新補償制度創設要求を決議(毎日新聞)
海外留学の高校生、ピーク時の7割に(読売新聞)
新幹線ストップ 暑くて下着姿になった人も(産経新聞)
FX脱税で高級マンション、初公判で事実認める(読売新聞)