第68期名人戦B級1組順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の12回戦が5日、東京・将棋会館などで行われ、渡辺明竜王(25)のA級への昇級が決まった。渡辺は深浦康市王位(37)を降して9勝2敗となり、1局を残して初のA級入りを確定させた。

 渡辺は東京都出身で2000年、15歳でプロ入り。04年、20歳で初タイトルの竜王位を獲得して以来、竜王戦6連覇。すでに「永世竜王」の資格を持つ実力者だ。名人位につながる順位戦では足踏みしながらも、10期(C2とC1は各3期、B2は1期、B1は3期)かけてトップグループ入りを果たした。

【関連ニュース】
将棋:佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級
将棋:74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢
将棋:羽生が馬を作る 王将戦七番勝負第2局2日目
将棋:久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局
将棋:久保が桂得 羽生反撃 王将戦第1局

<シナジーライフ>入居者が代表を提訴「天引き高額で苦痛」(毎日新聞)
「市町村負担金」廃止を=原口総務相(時事通信)
「橋下党」今春にも結成…大阪府市再編支援(読売新聞)
鳩山首相にリーダーシップ賞 インド(産経新聞)
石川議員、民主離党へ=きょうにも最終判断(時事通信)