人事院は30日、2009年の国家公務員の懲戒処分状況を発表した。

 国家公務員法に基づく懲戒処分を受けた一般職公務員は757人で前年より28%(164人)増加。農林水産省が昨年7月、勤務時間中に組合活動する「ヤミ専従」を理由に職員を大量処分したことが影響した。

 府省別では、農水省が前年比318人増の370人と最多で、全処分者の49%。次いで法務省93人、国税庁52人。処分の内訳は免職34人、停職102人、減給322人、戒告299人。

<参院選>民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と(毎日新聞)
大阪のマンション玄関に遺体、殺人容疑捜査(読売新聞)
魁皇に総理大臣顕彰の授与決定 幕内通算勝利で歴代最多記録(産経新聞)
ホタルイカシーズン到来=富山湾産、やや安値-築地市場(時事通信)
北教組事件 幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定(毎日新聞)