自民党の石破茂政調会長=衆院鳥取1区=は24日の会見で、民主党の石井一選挙対策委員長が「鳥取県とか島根県は日本のチベットのようなもの」と発言したことに対し、「日本海側の人間は、かつて『裏日本』といわれ、悔しい、悲しい思いをしてきた。そういう人たちの気持ちをまったく考えない発言で、断じて容認しがたい」と批判した。

 また、「チベットに対してどういう認識を持っているのか」と述べた上で、「地域に対して上から見下ろしたような思いがある。そういう人が選挙を仕切っているのが、民主党の選挙のやり方だ」と指摘した。

 【関連記事】

民主・石井一氏の「島根や鳥取はチベット」発言に市長会抗議
民主選対、大ブレーキ「説明ナシ」小沢氏に「恫喝」石井氏
長崎知事選 民主・石井選対委員長「結果厳粛に受け止め」
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
民主の「ファシズム」 顕在化の恐怖

エチオピア産「モカ」販売再開 メーカー3社が一般家庭向けに(J-CASTニュース)
<普天間問題>沖縄「国外・県外移設」初の意見書可決(毎日新聞)
普天間移設問題 「県外」要求意見書 沖縄県議会が可決(産経新聞)
<マータイさん>関学大で講演 反核訴える(毎日新聞)
<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)