2日午前8時半ごろ、東京都台東区の上野公園で、園内の通路脇に植えられていた木が根元から倒れているのを、同公園管理事務所の職員が発見した。同9時ごろには別の場所で、倒れた桜の木も見つかった。いずれも強風が原因とみられる。
 都東部公園緑地事務所によると、同公園には1日、延べ約20万人の花見客らが来園。2日も多くの来園者がいたが、木が倒れたのはいずれも花見に適した場所から離れており、けが人はなかった。 

【関連ニュース】
桜の名所、人気トップは吉野山=知りたい情報は「満開日」
逃走のニホンザル公開=柵で対策、落ち着いた様子
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半
女性脅しホテルで乱暴=容疑の42歳男逮捕

<人事>最高裁(毎日新聞)
<児童買春>JAXA副室長を懲戒免職 少女にわいせつ行為(毎日新聞)
横浜「喫煙可」のホテルバー 県が指導を通知(産経新聞)
フィッシング詐欺を見破ろう、学習サイト利用のススメ
郵政政策会議、決定過程に異論出ず=30日、閣僚懇で調整(時事通信)