「一区切りついたら、また碁でもやろう」

 民主党の小沢一郎幹事長が13日、国会内で新党「たちあがれ日本」結成のあいさつ回りで平沼赳夫代表らとともに訪れた与謝野馨共同代表に、囲碁対局を呼びかける一幕があった。

 小沢、与謝野両氏は自民、民主両党の「大連立構想」が表面化する直前の平成19年10月にも公開で行った。

 与謝野氏は、小沢氏の誘いに「そうですね」。10日の結党の記者会見では、参院選後の小沢氏との連携を「考えたことすらない」と否定したが、対局が再び実現すれば波紋を広げそうだ。

【関連記事】
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
平沼・与謝野新党 日本没落の危機感共有を
新党「たちあがれ日本」 喫緊の課題は参院選対策
与謝野氏「たった一回のわがまま、お許しいただきたい」
小沢氏と連携「まったくない」と平沼氏
外国人地方参政権問題に一石

<長妻厚生労働相>子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ(毎日新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)
羽田国際線枠9万回規模に=成長戦略重点項目-国交省会議(時事通信)
<児童買春容疑>警視庁委嘱の51歳補導員を逮捕(毎日新聞)