Jr君退院!どうしよう・・

2006年08月30日

上海にて

また上海に来ています。最近、月に一回の出張ペースになってます。。

こちらでは、盛んに「華東シフト」が言われています。人も産業も、繁栄を極めた華南から、成長著しい華東にシフトする、というものです。確かに、広東省の主役であった台湾系や日系メーカーが、上海やその近郊−蘇州や無錫−にも進出するのがここ数年の傾向であることは間違いないです。実際、上海日本人学校の生徒数が約2400人で世界最多になったり、2005年に蘇州日本人学校が開校したり。うちの会社の上海駐在員や取引先の駐在員で、香港からそのまま転勤という人が結構多かったり。

と申しましても、決して華南の工場や事務所を閉じて華東に移るというわけではなく、華南拠点はそのままに、華東を新たに開拓しよう、そういう動きであると僕は認識しています。よって、万科や深セン高速などの深セン株or深セン企業株も、別に成長鈍化というわけではなく、引き続き発展を続けるので心配はないだろうと思います。

さて上海ですが、とにかく暑い!です... 今日は36℃ということでした。最近の日本は37,8℃が普通になっているようですので、それと比べますとマシなのでしょうが、香港のせいぜい32℃ぐらいの気温+クーラーきんきんの環境に身体が馴染んでしまってますので、これはかなり参る暑さであります。。

そこで涼を兼ね、いつものように3368「PARKSON」虹橋店に行き、牛乳コーナーをチェックしてきました。結果、前回の7月29日におバカな利き牛乳をしたときからは、売場に特に変化点は見られませんでした。つまり2319蒙牛製品が、相変わらず過半数の陳列棚シェアを誇っておりました。いや〜、一安心です^^

あと冷蔵日配品コーナーで「冠益乳」というヨーグルト製品を発見、早速購入してみました。
牛
これ、はっきりいっておいしいんですけど^^ この味は欧米日の製品と全く変わりません。つまり、世界で勝負できる味ではないでしょうか。価格は4.5元≒65円。制造商はいつもの内蒙古ではなく、北京「蒙牛乳業(北京)有限責任公司」となってますね。ちなみに奥の牛乳は、前回ドラランキングで3位を獲得した、デラックス牛乳です^^

さて今回はPARKSONの他の売場もじっくり見て回りました。気づいたことは、日本や香港と比べ物価が高い!ということです。特に電化製品などの輸入もの。日本メーカーのデジカメや欧州メーカーの携帯などは、だいたい1.5倍から2倍の価格イメージです。一緒に回った香港人の同僚によると、「政府の国内産業保護政策により、輸入製品に特に高い税金がかけられる。よって金持ちの中国人は、香港や日本に自由行で行った際に購入したり、香港人や台湾人に買ってきてもらったりしている」とのことでした。う〜ん、ではPARKSONなんかどうやって商売やっていくんでしょうね。腕時計やゴルフクラブなどにも、贅沢税みたいなのがかかりだしましたし。やはり謎の国です。。

以上、まとまりのない上海レポートで失礼致しました。。

q1w2e3hk at 01:19│Comments(0)TrackBack(0) 旅行記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Jr君退院!どうしよう・・