日發證券の符洪民先生、教えてくれへん?日發證券の符洪民先生、教えてくれへん?

2012年12月04日

今週の『iMoney』 すいかレストラン上場記念

ひさびさに『iMoney』の本誌をまともに誤訳、いえ翻訳しました。
それでは早速いってみましょう!

表紙(1)12月は内地政局も落ち着き、下がった本土株を拾う好機。オススメはこれだ。

■0135昆侖能源:0857ペトロチャイナ傘下の天然ガス旗艦企業。石油探索業務に代わり伸びゆく天然ガス事業に注力。ここ2年、半期も通期も最低3割増益。ハンセン指数採用報道で株価さらに急伸。

■0384中国燃気:天然ガス販売量絶好調で上半期は2倍以上増益。全国160都市で都市ガス営業権。

■2314理文造紙:需要戻る中、10月に値上げに成功。財務面でも負債率65%前後と同業の2689ナインドラゴンを凌ぐ。

■2601中国太平洋保険:今年A株市場低迷で投資収益悪化、3Qは55%減益。しかし保険料収入は9月に既に底打ち状況好転。

■6030中信証券:QF凝蟷駭箸800億USDへ引き上げ等、当局より内地市場テコ入れ策続々発表。一方で内地証券業界の事業環境厳しく中小証券会社の淘汰加速、同社のような大型証券会社に有利。

(2)0069香格里拉(Shangri-La)。ホテルを備えた大型商業施設を積極展開。天津、南京、瀋陽、済南等に加え、インドネシアやフィリピン等東南アジアでも強化。2013-2015年の家賃収入は年率20%増を予想。タイや日本の天災も落ち着きを取り戻し、上半期の稼働率と単価が上昇。

光(3)3777中国光繊(China Fiber Optic Network System)。光ファイバパッチコードメーカー。昨年の内地シェアは21.4%。今年1-9月の販売高は前年同期比+21%。光ファイバパッチコードが売上の99%を占める。主要顧客は0941チャイナモバイル、0728チャイナテレコムなど国内大手キャリア。十二五で政府は「ブロードバンド中国」政策として光ファイバ網整備を推進、2015年には全国2.5億戸に敷設。アイルランドおよびニュージーランドへの輸出も開始、年一つの海外市場開拓を計画。

marko(4)「No.1ファンド」天駆資産管理のMarko Hoの5大愛株はこれだ(左写真の表)。5つの投資戦略は、1)人の逆を行くべし。安いときに買い高いときに売る。2)株価刺激策を予想して買うべし。例えば太陽光セクターでの川下企業0750興業太陽能。3)セクタートップと下位企業を買え。資金は上位から下位へ回ってくる。4)自分の好きな株をただただ買うべし。5)ディフェンシブ株を織り交ぜるべし。

⇒ドラコメント:Marko Hoさんは表紙の若い方の方。表紙のもうひと方は、香港で最も有名な不動産屋、中原地産の創業者・施永青さん。

(5)国泰君安證券レポート:1071華電国際電力。今年1-9月の純利益は前年同期比13倍と急伸。石炭価格下落で原料コストダウン。2013年も石炭価格低迷を予想、「買い」推奨、目標2.5HKD。

すいかすいか2(6)1314翠華(すいかレストラン)。先月26日に香港上場の茶餐廳(チャーチャンティ=B級グルメレストラン)チェーン。香港で22店舗、中国本土で4店舗経営。表二の通り一店舗当たりの指標はとても良いが、長期投資を検討するなら数期業績確認してからがよい。


以上、いかがでしたでしょうか?
それでは今週も頑張りましょう!


にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村 株ブログ 香港株へ


q1w2e3hk at 01:24│Comments(0)TrackBack(0) 『iMoney』 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日發證券の符洪民先生、教えてくれへん?日發證券の符洪民先生、教えてくれへん?