全般

2012年06月02日

18年目の邂逅 〜Qさんからの贈り物

今日、ヒマなのでブッ○オ○で古本を冷やかしていたら(←日本です)、ふと、Qさんの本が目に留まりました。

表紙
ここまでは珍しくもないですが、たまたま手に取った、この『日本人はアジアの蚊帳の外』。


表紙をめくると、な、なんと、







サイン Qさんの直筆サインが!!!

一瞬我が目を疑いました。こんなことってあるのかって。
しかも105円だし。。


「勇者は道をひらき、凡人はひらかれた道を歩く。

 ○○様    邱永漢 1994.6.2 」

と書かれています。


もちろん、自分が救い出さなくてどうすると、速攻レジに走ったのは言うまでもありません。105円ですが^^

で、今日は6月2日。偶然にも、1994年にQさんがサインされてからちょうど18年目の日。ひらかれた道をも歩いていない凡人以下の自分へ、Qさんがこのお言葉を運んで下さったのかなと感じてしまいます。


ところで、この本には一片の紙切れも挟まっていました。某一流ホテルのディーナーメニュー表(中華料理)で、日付は1994年6月2日。宛先はある大手不動産デベロッパー。(→しかし店頭に出る前に、古本屋さんは中身をチェックしないのでしょうかね??)

調べてみますと、そのデベロッパーの創業者が、まさにサインに書かれている○○さんというお方。つまり、この本の持ち主だった○○さんがQさんと夕食を共にされ、その場で94年4月発売の最新刊にサインを頂いたのでしょう。

でも、よりによって古本で売らなくても・・・と思ったのですが、○○さんは既に3年ほど前に他界されてるようです。おそらく遺品の整理でまとめて古本屋さんに売られた本の一つだったのかなと思います。こんな偶然もあるものですね。


にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村 株ブログ 香港株へ


q1w2e3hk at 23:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年08月03日

あなたならどうする?

土曜日の日経新聞別刷「日経PLUS1」に、「当世ふところ事情」と題し、こんな記事がありました。

「株や投信など元本割れのリスクがある金融商品に、今ならいくら投資してもよいと思いますか?」という質問を既婚成人男女にしてみた。調査会社に依頼、有効回答は618人(男女半々)。

で、結果は・・・?

投資しますかなんと57%の人が「リスク商品には投資しない」とのこと。
本当に?!
次いで大きく引き離され、5万円未満の11%。
そして100万円以上は最も少なく、僅か5%。


驚きましたね〜

こんなブログを書いて、あと国民皆投資家の香港なんかにいますと、投資するのが人間当たり前のように思えてきますが、勘違いも甚だしいのですね。自分がメジャーと思うなよ、ということでしょう。いえメジャーどころか、自分は100人中5人のド異端。。 知らなかった・・・

q1w2e3hk at 01:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年04月25日

マーク・モビアスは言う、狙いはH株とレッドチップだと

僕のよき友人である『香港資産運用奮闘記』の石田カズさんが、テンプルトン・アセット・マネジメント代表の、あのマーク・モビアス氏とランチした! との報を受けました。
こちらをご覧下さい↓
Dr.マークモビアス(Mark Mobius)と2年ぶりの再会。そしてランチ&独占インタビュー!

そしてなんと独占インタビューを行い、その模様をカズさんがプロデュースされる「ワールドインベスターズTV」で配信されるということです。

そのHPを見つけました! こちらです↓
マークモビアス氏、緊急来日独占インタビュー! 混迷の世界市場を読み解く

インタビューの内容が途中まで読めますし、その模様も動画で一部見られます。
さわりだけなのでしょうが、それでも内容がとても興味深いですのでお見逃しなく。

それにしてもマーク・モビアス氏の生英語、ゆっくりしゃべってられるのか、とてもわかりやすいですよね。しゃべり方にも誠実な人柄が垣間見えます。自分は当然会ったこともありませんが、なんかファンになりそうです^^

q1w2e3hk at 01:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年12月31日

みなさまよいお年を!

香港はまだ、クリスマスの飾り付け真っ只中。いわゆる正月らしさが全然ありません。2009年は1月26日が、農暦でいう元旦になります。ですので、今12月31日といえども、一年をしっとりと振り返る気分にはなれません。が、一応。。

株  暴落ですね。途中、スイングしようしようと思いつつ、その勇気が持てませんでした。いやそれよりも、仕事にかこつけて無意識に目を背けていたかも。来年は真正面から取り組みたいと思います! なんでもいいので誰か爆上げ銘柄教えて下さい(笑)

ブログ  更新の波が激しかったですね。それと、内容が投資よりも観光や中国パクリネタブログになってしまっているような。でも今のご時世、下手なことを書くと炎上してしまう恐れもあるので、これでも少しは気を使ってるんですよ。とはいえまあ来年も、気楽に香港・中国のいまをご紹介していければと思っています。よろしければ引き続きお付き合い下さい^^

仕事  給料を貰いながら香港に住まわせてもらい、時々観光のついでに出張出張のついでに観光までさせてもらっている点には、素直に感謝しています。でも・・・社畜はもうごめんです・・・

家族  とにかく何よりも大切なものですね。好きに投資をさせてもらっているのも、ひとえに理解ある優しい妻のおかげです。・・・と書きなさいと横から妻がつっつくので・・(怖)

それでは皆様、来年もよろしくお願いします。よいお年を!

q1w2e3hk at 23:57|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2008年01月23日

一億への道に動き&メモ

今日はほっと一息ですね^^

でも、戻り売りをされた方も多いかと思いますので、まだまだ上値は重いと思います。
自分がそうですので・・・実感。。

はい、一億への道銘柄の2318平安に、気になる材料がでましたので(新株や債権発行による資金調達計画が、利益希薄化に繋がると嫌気され暴落に追い討ちをかけた)、これは戻りは遅いなと判断。もっと上昇速度が速そうな銘柄にスイッチしようと思った次第です。

<一億への道とは> 尊敬するカテキンさんから企画を拝借しました。
8089で得た利益から1000万円を用意し、一銘柄に常に全力投球!
北京五輪開催の2008年8月8日までに売買を繰り返し、一億円を目指すというもの。
・・・書いててむなしくなりますな...

で、途中経過は・・・言いたくないですが・・・

初代  0175吉利汽車 1000万円→700万円に('07/8月1.27→9月0.92HKD)
二代目 2318平安保険 700万円→400万円に(9月103→'08/1月62HKD)

ま、自分の実力的にはこんなもんでしょう。。。ウウウ..

初代の時は、昨年の8・17以降の大相場に全く乗れなかったことが敗因。
二代目は、購入直後に思惑通りスルスル上昇し、120砲謀達したまではよかったが、その後の下落相場で欲かいて逃げ遅れたことが敗因です。
またしても、高値で買って安値で売るという、絵に描いただめだめ君取り引きをやっちゃいました・・・

で、三代目銘柄は既に決めてます。
暴れる相場に気をつけて、場合によっては明日にも出動させたいと思います。

閑話休題。。
昨日のハンセン指数の2061ポイントもの下げは、間違いなく香港史上最大でしたが、下落率ではトップ10にも入ってないそうです。トップは1987年10月26日の△33.33%とか。例のブラックマンデー直後。上には上がいるものですね〜

以下、今朝のThe Standard紙より勝手に転載です。メモとして残しておきます。
結構ためになりますので、よろしければクリック拡大ご参照下さい。
chart
memory

q1w2e3hk at 22:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

命まではとられない

不安な夜を過ごされている方も多いかと思います。
緊急利下げ後のダウマイナスが、さらに恐怖を増幅させますね・・・
楽天的な僕も、今回ばかりは参りそうです。妻は先に寝てるし・・・

でもここに来られている大半の投資家の方々は、基本的に信用取引を使われてないはずです。現物。なので余裕資金でやられている方ももそうでない方も、命まではとられません。
少しだけ、夢があっちに動いただけ。なんとかなります。絶対に。
頑張りましょう!

q1w2e3hk at 00:55|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2008年01月22日

死んだふり?

最近、香港でBearの姿を見かける機会が多くなりました。

Bearrrr←これは今朝のThe Standard紙の表紙の絵です。
http://www.thestandard.com.hk/news_detail.asp?pp_cat=2&art_id=60484&sid=17218134&con_type=1

そういえば、『経済一週』でも表紙を飾っていましたね・・・

こういうときどうするか。
僕はBullはBullでも、草原でのんびり牛君になって、草でも食むことにします^^

とにかくみなさん、ここは落ち着いて頑張りましょう!

q1w2e3hk at 08:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年01月19日

華麗なるファンドマネージャーのちょっといい話

若きカリスマ・戸松信博さんと11月に上海でお会いしたことを、以前ちらっと書かせて頂きました。

そのとき待ち合わせ場所として希望されたのが、世界的に有名な超高級某ラグジュアリーホテル。なんでも、そこに泊まられているとか。

いそいそと今度は遅刻しないよう早めに到着し、うわー凄いなーと、おのぼりさん丸出しでキョロキョロしているドラ。

「さすが数十億円を運用しているファンドマネージャー(ベトナム株ファンド。100億以上でしたっけ?)は違うなあ。僕の方はというと、少々カビのかほりのする某4ツ星ホテルにお泊りの、しがないサラリーマンなんだな。。」
なんてしょーもないことを思っているところに戸松さんが颯爽と登場。

すかさず戸松さんに「さすがですね〜 やはり違いますね!」と素直に感想を述べましたら、「いやそうじゃないんですよドラさん。凄く安いパックツアーを見つけましてね。航空券とホテルがセットでなんと○○円なんですよ!」と。○○は忘れましたが、確かに驚くほど安かったことを覚えてます。

で、飛行機は「当然、エコノミークラスですよ!」とも。

本当に驚きました。戸松さんほどのお金持ちで、しかも何十億円のファンドを運用されているファンドマネージャーでしたら、当然ビジネスクラスを利用されてもおかしくないのではないでしょうか。

こういうちょっとしたところに謙虚なお人柄がにじみ出るんですね。だからこの厳しい世界でも滅多に他の人から悪く言われないのだと。

少々プライベートな内容ですが、ドバイ行き飛行機でまたもやエコノミーに乗られたことを、戸松さんご自身がハイQさんコラムで書かれているのを拝読し、あ、10時間以上乗る長距離路線でもそうなんだと改めて感心しましたので、ちょっといい話ということで紹介させて頂きました^^

ハイQさんの該当コラム↓
http://www.9393.co.jp/tomatsu/kako_tomatsu/2008/08_0115_tomatsu.html

q1w2e3hk at 04:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年01月11日

落日のジパング...

最近、こんな記事を目にすることが多いですね。
本気でやばいと思うのですが、ばらまき型旧来型オヤジ型政治家の皆様は、株価対策や治安回復など、日本を覆っている閉塞感打破に向けてどうお考えなのでしょうかね・・・
少なくとも僕は、もう帰る気が全然なくなってしまいましたよ…

---------------------抜粋引用----------------------
日本経済新聞 2007年11月13日
一目均衡 日本株から離れる個人
編集委員 前田 昌孝

 日経平均株価が一時1万5000円を割った。年初から23日終値までの下落率は11.8%。世界の51カ国・地域の株価指数を上昇率順に並べると、何と上から50番目。下を見ても、先週末までで26.2%下落したベネズエラIBC指数しかない。
(以下省略)

----------------------引用-------------------------
日本株:下落率高く世界で下から2番目 上位は新興国
(毎日新聞 2008年1月7日 20時19分)

 世界52カ国・地域の主要株価の年間騰落率を比較した調査で、日本は昨年6.55%の下落となり、下から2番目の51位だったことが分かった。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が調査したもので、上位は、3位のインド(78.98%上昇)、4位のブラジル(74.64%上昇)、6位の中国(66.91%上昇)など新興国が軒並み占めた。

 各国市場の主要銘柄(日本は東証1部などに上場する約1700銘柄)を指数化し、年初に比べて年末の水準がどうだったかを比べた。世界平均は9.57%の上昇で、先進国全体では7.11%、新興国全体は38.76%の上昇だった。首位はナイジェリア(110.56%上昇)で、米国も43位ながら4.02%の値上がり。下落したのはわずか5カ国で、最下位(下落率が最大)はアイルランド(19.62%減)だった。

 日本は過去10年間の平均でも最下位から2番目(5.15%増)と伸び悩んでおり、S&Pは「投資家の日本離れを裏付ける結果だ」と分析している。【松尾良】
----------------------以上引用-----------------------

あぁ、我が落日のジパング…

q1w2e3hk at 00:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年01月04日

2008年

皆様、明けましておめでとうございます。

今年は中国株投資家にとりまして、ひとつの待ちに待った節目の年ですね。
そのために自分の投資スタイルや銘柄を変更するか、はたまた全売りするかなど、余計な惑いがでるかもしれませんが、そこは自分の信念をしっかりと持って、雑念に振り回されないようしたいと思っています。

というわけで、今年の個人的な目標を。

_搬加舂匹健康で穏やかに暮らすこと。
投資総額○○円を突破すること。
数十倍の暴騰銘柄を最低ひとつは当てること。
ぅ屮蹈葦娠弔魄柄阿離據璽垢北瓩垢海函
ナ拔、勉強、また勉強。
Δ△詭槁犬鮗存修気擦襪海函
Г△詭瓦亮存修妨け大きな一歩を踏み出すこと。

特に最後のは、詳しくは書けませんが、現在全身全霊で取り組んでます!
絶対に実現させるぞ!と気合いを入れています^^

あれ? 仕事はどうなん?
はい、すっかり忘れてました。。ま、いっか!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

q1w2e3hk at 21:11|PermalinkComments(7)TrackBack(0)