2013年04月02日

サハラに死す 上温湯隆の一生

衝撃を受けた本をご紹介する恒例のこのコーナー、前回の吉村昭 『羆嵐』をご紹介したのが2009年3月ですので、4年ぶりの恒例ですが・・・

この本、かなり衝撃的でした。サハラ砂漠をラクダと共に横断中、渇死してしまった若者の手記。裏表紙を最初見た時は「そりゃ無謀だろ」と突っ込みましたが、中身を読むとただの放浪記ではありませんでした。ネット全盛の今とは違い、1975年という時代も考えさせられます。上温湯隆さんに合掌。

サハラ『サハラに死す 上温湯隆の一生』

上温湯隆 著

ヤマケイ文庫
山と渓谷社 復刊版 (2013/1/25)
¥924







にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村 株ブログ 香港株へ


q1w2e3hk at 01:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年03月06日

羆嵐

投資とは全く関係ないですが・・・

この本、凄すぎ。これほど一気に読んだ本も久し振りでした。
学生時代に行った、北海道ツーリングでのヒグマの恐怖を思い出しました。。

羆嵐羆嵐 (くまあらし)
吉村 昭著

新潮文庫(1982/11)
¥420

q1w2e3hk at 01:19|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2008年10月09日

読書の秋、投機の秋

相場はもう、無茶苦茶になってますね・・・ でもまあ、こんなもんでしょう。
ここまで来たら、ジタバタしても始まりません。じっくり機会を窺うのみです。

でもボーっとしてるのもなんですので、少しは勉強しようと、昨日本をしこたま発注してしまいました。まさに乱読。でも、妻に叱られます・・・

 悒汽屮廛薀ぅ猝簑蠅箸浪燭 アメリカ帝国の終焉』
 ご存知、おかねのこねたの春山昇華さんのご著書です。
 サブプライム問題についてわかりやすく解説、だそうです。

◆悒汽屮廛薀ぅ犖紊凌兄饂艮人僉
 株を始めた頃に読んで衝撃を受けた、「仕手株でしっかり儲ける投資術」の
 中原圭介さんの最新著です。

『細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!』
 「経済のニュースがよくわかる本」で有名な細野さん、
 てっきりYMO(←古い)の細野さんと同一人物かと思ってました。。

ぁ惴氷發料蠑貉侫螢丱皀⇔投機術』
 「投機の聖典」という帯に惹かれました(笑) 伝説の相場師らしいです。

ァ愾蠑貉奸
 清水一行さんのご著書。「不況はますます深刻化、大企業の倒産が相次ぐなか、
 六十年に一度の大相場がやってくることを確信した男がいた」
 というブックレビューが、今の相場にピッタリかと思いました。歴史は繰り返しますから。

Α愍説兜町(しま)』
 その清水一行さんのデビュー作だそうです。

А愃埜紊料蠑貉奸
 以前読んで感動した、「相場師一代」是川銀蔵氏がモデルだそうです。津本陽さん著。

─愼本相場師列伝―栄光と挫折を分けた大勝負』
 鍋島高明さんのご著書。大勝負って、いい言葉ですね^^


あれ? 勉強って、相場師の勉強??
なんか僕のこと、ギャンブラーって誤解されそう・・・ キライじゃないですが。。

この中から胸を打たれた良本がありましたら、またブログで書かせて頂こうと思います^^

q1w2e3hk at 03:08|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2008年09月25日

たまには明るい話題を^^

先日、冒険投資家・石田和靖さんが香港に来られ、仲間数人と飲み会をしました!

石田さんと言えば、『香港資産運用奮闘記』で華々しくデビューされ、投資家を繋ぐWorldInvestorsを立ち上げられ、ドバイ株の第一人者となられ、最近はアイスランド・スーダン等日本人投資家未踏の地に情熱を注がれる大のビール党であることは、もはや説明するまでもありません。

そんな石田さんとの生会話を、僕はいつも楽しみにしています。忘れかけていた情熱や好奇心というのを、その都度思い出させてくれるからです。月並みながら、自分も頑張らなきゃという気にさせてくれます。

そんな石田さんの渾身の著が、最近発売されました。
今をおいていつに出すという、大変タイムリーな内容です!

その名も、『ドバイの牛乳事情』。

し、失礼、、

オイルマネーの力 世界経済をリードするイスラム金融の真実』です!

著 者: 石田和靖
出版社: アスキー・メディアワークス
発 売: 9月10日(水)
定 価: 本体724円+税
内 容: 日本市場の低迷が続き、海外市場の人気が高まるなか、2008年に注目されているドバイ株を筆頭とした中東地域のマネー市場。民族や宗教の違いから、経済の動向やビジネスに対する考え方も異なり、投資先としての選択が難しいように見えるかもしれません。そこで、中東の金融市場と経済の基本から投資・消費・為替の動向、知っておきたい投資情報などを解説します。

とのことです。うーん、これ売れそう^^

現在、購入者全員にスーダン視察秘蔵映像プレゼントなど、キャンペーンもやられているみたいですので、ぜひこちらをご参照下さい!

http://asciimw.jp/topics/080910_oilmoney/

僕も早速一冊注文しました。(←本当です!) 到着が楽しみです^^

q1w2e3hk at 01:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年09月11日

強い! Qさん&ジムロジャーズ!

「コンシェルジェ」という、在住邦人向け雑誌で見つけました。
香港旭屋書店での売れ筋ランキング。

ランキング文庫の部でQさんが見事一位! さすが!
一般書の部では、Qさんも絶賛のジム・ロジャーズ本が
ランクイン!

意外に皆さん、投資好きなんですね〜







僕ですか?

すみません、Qさん本は買ってません。。 その前に「食は広州に在り」を読まねば。
ロジャーズ本は、発売直後に原書で買いました!
が、20行読んで眠くなりそのまま塩漬け..

q1w2e3hk at 02:34|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

2007年12月08日

ロジャーズ語録1

って、別にシリーズ化する気はないんですが。

連日のロジャーズネタで恐縮です。
現在読んでいます『商品の時代』の中に、感銘を受けた箇所がございましたので、以下ご紹介いたします。

「第9章 砂糖−いつか甘い気分に」 277ページより引用

『本書は何を買えばいいかについて耳寄りな話を教えようという本ではない。商品市場をどう読み解くか−−長期にわたる全体像を見て過去の歴史、特に市場の歴史(上昇時や下落時)を頭に置き、新しい情報に注意する−−についての本である。私はそうやって商品に投資してきたし、他の投資でもそうしてきた。』

いかがでしょうか?
感動で涙がちょちょぎれませんか??

・・・前後の脈絡なく、いきなり言われてもわかるはずないですよね〜
失礼しました。。自分用のメモとしておきます。

しかし、『商品の時代』やマーク・ファーバー『TOMORROW’S GOLD』を読んで思いましたが、歴史は繰り返すって本当なんですね。数百年スパンのチャートを見るとよくわかります。

もっと言えば、ローマ帝国や欧州列強の時代、米国の栄光と陰、そして今をときめく中国。チューリップ相場やオイルショック。はたまた80年代後半の日本のバブル景気。全ては有史の中で繰り広げられた当然の帰結。


・・・それはわかったけど、じゃあ具体的にはどうすればいいのさ〜
ここがポイントです。凡人の僕にはとてもわかりません。取りあえず、0589PORTSをいつ売ろうかなーっていう方がよほど大事です(笑)

q1w2e3hk at 01:11|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年12月02日

次はドバイか!?

Marc Faberの『TOMORROW’S GOLD』という本を読みました。一言で言えば、繰り返す歴史の景気循環の波に乗って投資すべし、という内容です。

詳しい解説はまたの機会にしたいと思いますが、優良中国株は未来永劫保有すべしと、何の根拠もなく信じていた僕にとりまして、栄枯盛衰、永続のブームはないという筆者の論理に、ちょっと考えさせられてしまいました。

特に気になりましたのは、「新興市場のライフサイクル」として6つのフェーズを筆者が解説、それに現在の中国を当てはめますと、見られる兆候や現象が、頂点のフェーズ3「ブーム」、つまり一進一退を繰り返した後落ちていく局面に来ているのではないかと思えたことです。

2003年出版のこの本には、中国のことをフェーズ2の「復活サイクル」にあると書かれていますが、それから4年たった今、フェーズは一つ進んでしまったのかもしれません。

まあ短期的には決して弱気になるわけではありませんが、歴史をよく勉強し、出口戦略を想定しておかなければならないと思った次第です。

同時に、次に来る国・市場がどこになるかを見極めるのも重要のようです。インド、ベトナム、ドバイ、モンゴル・・・

中でも、ドバイは最近の日経新聞他で、その名を聞かない日はありません。面白そうだな、なんだかドバイ株に投資してみたいな、でもどんな会社に投資してよいのかわからないなあ。そんな方も多いのではないでしょうか。

ご安心下さい! ドバイ伝道師であり大のビール党である、kz@銅鑼湾さんこと石田和靖さんが、最新著書で情報を提供して下さるようです。

2007年12月6日、PanRolling社から発売
『ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編〜特選30銘柄〜』


この本は、いま話題の世界最大の政府系ファンド(SWF)「アブダビ投資庁(ADIA)」を経て、ナショナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD)に移籍したファンド・マネジャー、デビット・サンダース氏を共著に加えた、日本初のドバイ上場企業ガイドブックとのこと。気温50℃の中、二人とも文字通り汗だくになって、かなり本気で書き上げたそうです(笑)

で、嬉しいことに発売日前の12月2日〜3日にかけて、Amazon予約キャンペーンを行うそうですので、お買い求めの方は、ぜひこちらのキャンペーンページからご登録ください。

キャンペーン特典としまして、期間中にご予約頂きました方全員にもれなく、マックシャラフ証券のDFM・ADSM・DGCXオンライントレードシステム“MAC Trader”の操作マニュアル日本語版をプレゼント! とのことです!

あ、キャンペーン期間はもう始まってますね^^ 皆様、kzさんのサイトのキャンペーンに今すぐGO、奮ってドシドシご応募下さい!

q1w2e3hk at 13:21|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2007年09月07日

『投資手帳2008年版』のご案内!

ビジネスマン必見と言われています、テレビ東京の「モーニングサテライト」。
ここにドバイ伝道のために立ち上がった男がいた。(←プロジェクトX風に。ライバル局やん)

はい、ドバイを語らせたら間違いなく日本一、ビールを飲ませても・・・それは関係ないか、、ご存知『香港資産運用奮闘記』のkz@銅鑼湾さんが、8月21日に出演されたのです! わー、テレビなんてすごーい!!

映像はこちらをご覧下さい↓ 徹夜飲み明け生出演のkzさん勇姿が見られますよ^^
http://www.tv-tokyo.co.jp/biz/nms/days/070821/o1.htm

さてそんな進取の気性に富んだkzさんが、書籍出版の方でも新機軸を打ち出されようとされています。

元バンクオブアメリカの山中さんという方との共著で、「金融占星術」と「海外投資」を合体させた、『投資手帳2008年版』を発売するそうです。

ん?? 金融占星術ってなんぞや?
はい。こちらのAllAboutで、kzさんが詳しく解説されていますのでご参考下さい。↓
http://allabout.co.jp/finance/daytrade/closeup/CU20070906A/index.htm

ちなみに、最初は風水でいこうと考えるも撃沈した話しがAllAboutに書かれていますが、ドラ、リアルでその経緯を知ってます^^ ちょうど一年前、香港で風水師が集まることで有名な黄大仙へ、勇んで出かけられる直前のkzさんに、PHILLIP証券さんでお会いしました。で、風水師に出版協力を頼むも本当に3秒で撃沈したことを後日聞き、僕も絶句したものです(笑) でも、あれがこの本に結び付いていたとは、ちょっと驚き。やはりkzさん、只者ではありませぬ。
あ、その日のことをブログに書いてました。風水のこともちらっと書いてますね^^

話しが逸れました。。

さてこの投資本の中身ですが、これまた面白そうです!

●金融占星術入り手帳。2008年の「投資に向いている日」「投資に向いていない日」が一目で判る
●2007年10月〜2008年12月までの見開きダイアリーと金融占星術データで、10月からすぐに使える
●世界の経済データ、主要国の5年株価チャート、投資・金融用語集などを巻末付録に掲載
●痛みにくいハードカバー、海外旅行に重宝する航空券収納サイズ、シンプルで飽きのこないデザイン

・・・と、機能的にもデザイン的にも、海外を飛び回るお二人が「こんな手帳があったらいいなー」という思いで作られたそうです。

この手帳の発売日は、2007年9月13日。その直前の9月9日〜10日にかけて、Amazon予約キャンペーンを行うそうですので、お買い求めの方は、ぜひこちらのキャンペーンページからご登録ください。
http://kowloon.livedoor.biz/archives/51050483.html

といいますのも、期間中にご予約・キャンペーン登録された方にはもれなく以下3点をプレゼント!ですって^^
☆金融占星術データによる主要国インデックスの「2008年の売り時・買い時」がわかるレポート
☆金融占星術データによる日本株主要銘柄の「2008年の売り時・買い時」がわかるレポート
☆海外投資SNSワールドインベスターズのご招待状

というわけで、皆様もぜひ清き一票をご投資下さい^^

q1w2e3hk at 00:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年08月11日

タイ株本最新版のお知らせ!

先般東京で、異色メンバーOFF会(笑)にてお会いしました、タイ株の第一人者・阿部さんと、ご存知ドバイ株大使の石田さんが、『タイ株投資完全マニュアル 入門編 』の改訂版を出版されるそうです! わー、おめでとうございます! パチパチパチ^^

発売日は、シリキット王妃の誕生日であり、タイの母の日という明日8月12日(日)です!

で、発売と王妃誕生日と母の日を盛大にお祝いし、明日12日に限り、Amazonから申し込みされた方に特典をプレゼント! だそうです^^ 太っ腹ですね〜(実際の阿部ちゃんカズさんはスリムですが 笑)

<特典>は次の4つ。
1.カラーで解説 「タイ証券会社訪問経路実況マニュアル」
2.カラーで解説 「タイで為替レートの良い両替店スーパーリッチ行き方マニュアル」
3.今後世界の一大経済圏に成長するアセアン・マーケット詳細マニュアル
4.さらに初版購入者だけにお知らせできる秘密のデータ集

<手順>は次の通りです。
1.明日8月12日にAmazonを通じ、『タイ株投資完全マニュアル改訂版』を購入。
2.Amazonからconfirmationメールが送られてくる。
3.そこに記載の「注文番号」を、こちらのキャンペーンページの「アマゾンで購入しましたメール」から送信。
4.8月下旬に特典が送られてくる。
これだけです!

そして、
5.本や特典を参考に口座を開設、銘柄研究をする。
6.実際に株式購入!
7.億万長者になる。
実に簡単ですね〜(笑)

ご興味の皆様、ぜひこのチャンスをお見逃しなく!



q1w2e3hk at 16:23|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2007年06月04日

石田さんのドバイ本、予約キャンペーン中ですよ!

先日ご紹介いたしましたが、「香港資産運用奮闘記」のkz@銅鑼湾さんこと石田和靖先生の新著、
ドバイ株投資完全マニュアル』が、まもなく6月13日に発売の運びとなります!

それに先立ち、現在、アマゾンでの予約キャンペーン実施中です。

6月3日(日)〜6日(水)の4日間限定で、アマゾンからご予約頂いた皆様全員に、「ドバイ企業レポート」をプレゼントとのこと。これは「買い」でしょう^^

みなさま、アマゾンにGOです!

そしてこちらのkzさんサイトより キャンペーンにご登録を! あと2日しかないですよ^^


q1w2e3hk at 20:08|PermalinkComments(6)TrackBack(0)