21日午前8時頃、愛知県常滑市の中部国際空港で、シンガポール発中部空港行きシンガポール航空672便(エアバス330―300)が着陸後、滑走路中央付近に停止した。

 同空港会社が牽引(けんいん)車を使って到着スポットまで移動させたが、同滑走路は15分間閉鎖され、国内線の出発便7便に約20~30分の遅れが出た。

 乗員・乗客275人にけがなどはなかった。

 国土交通省中部空港事務所などが原因を調べている。

「税金を有効に」 武幸四郎騎手らが確定申告(産経新聞)
<敦賀原発>1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら(毎日新聞)
時効撤廃、改正後に迅速施行=法務省(時事通信)
<上方落語まつり>大阪を笑いで活性化 4月末に16公演(毎日新聞)
集団密航幇助の元NPO代表に一部無罪判決(産経新聞)