【ヒューストン(米テキサス州)時事】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)らが14日朝(日本時間同日夜)、ISSの日本実験棟「きぼう」から、日本メディアなどとの記者会見に応じた。山崎さんは自身の仕事ぶりについて「自分としては100%頑張っている。日本人としては最後のシャトル搭乗だが、引き続き、(今後の日本の)ISS運用や宇宙開発につなげたい」と思いを語った。
 会見にはほかのスペースシャトル乗員やISSに長期滞在する野口聡一さん(44)ら計13人が参加。山崎さんら4人の女性飛行士は、体を男性飛行士と上下逆向きにして質問に答えるなど、ISS内はリラックスした雰囲気に包まれた。
 会見中、笑顔をたやさない山崎さん。飛行士に選ばれてから実際に宇宙に行くまで11年待ったことについては「宇宙は何年かかっても到達するのに素晴らしい場所」と絶賛。同じく夢を追い掛ける女性に対しても「焦らず、じっくり夢を温めてくれたらうれしい」とエールを送っていた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕アポロ11号

社説検証 平沼・与謝野新党旗揚げ(産経新聞)
「天使の輪」ひと目見たい! ダンゴウオ、ダイバーに人気(産経新聞)
ベトナム原発受注へ尽力要請=岡田外相(時事通信)
<お父さん犬>名誉駅長に 福井鉄道・北府駅(毎日新聞)
小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)