民主党の有志議員による「宗教と民主主義研究会」(会長・池田元久衆院議員)は19日、国会内で会合を開き、財務、総務両省の担当者を呼んで宗教法人の税制上の優遇措置について意見交換した。

 公明党と支持団体の創価学会をけん制する狙いがあり、池田氏は「政治と宗教は明確に分離しなければならない」と強調した。今後、創価学会を提訴した矢野絢也・元公明党委員長を招く方針だ。

<西宮市長選>河野氏が初当選(毎日新聞)
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で-赤松農水相(時事通信)
不倫清算で殺害か=逮捕の男、離婚進めず―女性遺体遺棄・大阪府警(時事通信)
毒ギョーザ事件、袋に微細な穴…供述と一致(読売新聞)
鎌倉市に1億賠償命令 平塚競輪撤退「予告義務あった」(産経新聞)