千葉県八街市で農業中村行夫さん(76)が殺害され自宅が放火された事件で、強盗殺人などの疑いで、土木作業員の男(47)とともに逮捕された長女(15)が「金に困っていた」と話していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。中村さん宅からは現金十数万円が奪われており、県警佐倉署捜査本部は金目当ての事件とみて調べている。
 捜査関係者によると、男は最近働いておらず、生活は困窮していたという。長女は中村さんの孫娘(16)と友人関係にあり、捜査本部は2人が中村さん宅に多額の現金があることを知った上で、金を奪うつもりで侵入したとみている。 

【関連ニュース】
「雷雨の日」、情報求める=発生1年でチラシ配布
シティバンク副支店長2人を逮捕=タクシー運転手殴る
47歳作業員と長女逮捕=76歳男性殺害、放火容疑
47歳男と娘を逮捕へ=76歳男性殺害、放火事件
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人

口蹄疫殺処分 畜産農家の悲痛な叫び 「この1カ月生き地獄」(産経新聞)
プリンストン、外付けHDDでバックアップが手軽に、耐衝撃性も確保
女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)
医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)
未婚・世間体・不倫…赤ちゃんポストに年15人(読売新聞)