自民党は27日午前、党紀委員会を開き、「たちあがれ日本」の与謝野馨共同代表=衆院比例代表東京ブロック=と「新党改革」の舛添要一代表=参院比例代表=を除名処分にすることを決めた。中曽根弘文党紀委員長は記者団に対し、除名の理由について「与謝野、舛添両氏は比例代表の当選者なので、本来議員辞職して党に議席を戻すべき立場だ」と述べた。

 一方「たちあがれ」に参加した園田博之前幹事長代理=衆院熊本4区=と中川義雄=参院北海道選挙区=、藤井孝男=同岐阜選挙区=両氏、「新党改革」の矢野哲朗=同栃木選挙区=、小池正勝=同徳島選挙区=両氏については離党届を受理することを決めた。

 党紀委では、一部の委員が「今後は新党と協力する必要がある」として、与謝野、舛添両氏の除名に反対した。しかし大半が「両氏は新党の中心的人物。党が一致団結して参院選に取り組まなければならない時期だけに、党として明快なメッセージを出す必要がある」として厳しい処分を求めた。中曽根委員長を除く12委員が採決した結果、賛成9、反対3で2人の除名処分が決まった。

 他の5氏については、各道県連が寛大な処置を求めていることや、各選挙区を勝ち抜いたことを踏まえ、除名処分を見送った。

【関連記事】
自民の水野賢一氏が離党届を提出 参院選出馬に前向き
谷垣氏、重ねて退陣要求 「首相は普天間を軽く見ていた」
新報道2001世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で
舛添新党 自民は崩壊の危機直視を
舛添要一「新党改革」代表 「新しい政治つくる」再編の目になるか
「裸の王様」次に座るのは…

<普天間移設問題>鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲(毎日新聞)
<東京都>1300万人突破…人口推計値(毎日新聞)
<将棋>羽生が2連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
「凛の会」元会長、村木被告への働きかけは無罪(読売新聞)
創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし(産経新聞)