皇太子ご夫妻は17日、神戸市中央区の兵庫県公館で行われた「1・17のつどい-阪神・淡路大震災15周年追悼式典」に出席された。

 皇太子さまはお言葉の中で、先日ハイチで発生した大地震の犠牲者に哀悼の意を表した上で、「震災から15年、この間も各地で大きな災害が発生しました。兵庫の経験と教訓が、これらの被災地での被害の軽減や復旧・復興にいかされてきたことは、大変意義深いことと思います」と述べられた。その後、ご夫妻はそろって献花、犠牲者の冥福を祈られた。

 式典後、ご夫妻は震災によって家族などを失った遺族の代表と懇談される。

【関連記事】
安藤忠雄さん、阪神大震災「あの時のひたむきさ 思い出して」
阪神大震災犠牲者6434人を永遠に忘れぬ モニュメント50カ所
阪神大震災で建物倒壊跡地 5年前とほぼ同じ
各地で犠牲者追悼「伝える」思い新たに 阪神大震災
阪神大震災 命の重み受け止めた生徒たち

<三重現金輸送車襲撃>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)
政治とカネ焦点、緊迫化も=通常国会、18日に召集(時事通信)
<夏川りみさん>妊娠3カ月とわかる 1月下旬まで休養(毎日新聞)
<少女水着画像>「ジュニアアイドル」都が保護者指導を検討(毎日新聞)
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)