2010年03月

皇后さまが障害者の工芸展に(時事通信)

 皇后さまは29日午前、東京都中央区の日本橋三越本店で開催中の「第23回旭出学園工芸展」を視察された。
 同展は2年に1度開催され、学校法人旭出学園(東京都練馬区)が運営する養護学校の児童、生徒や卒業生らがつくった作品を展示。色とりどりに和紙を染めた「染め紙」を見た皇后さまは「面白うございますねえ」と話し、桜の花びらをかたどったはし置きや、タイルでつくった鍋敷きなどと一緒に購入した。工芸展は30日まで。 

渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故-兵庫(時事通信)
<阿久根市長>「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る(毎日新聞)
覚せい剤1キロ密輸容疑、瀋陽空港で日本人逮捕(読売新聞)
東京都副知事に吉川、村山両氏(時事通信)

地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金-宮城県警(時事通信)

 地下銀行を営業しベトナムに不正送金したとして、宮城県警組織犯罪対策課などは26日までに、銀行法違反(無許可営業)容疑で、同県栗原市築館下宮野、中古機械輸出会社社長グェン・バン・トウアン容疑者(27)ら同国籍の男女4人を逮捕した。同課は、2008年1月から昨年10月までに約30億円が送られたという。
 逮捕容疑によると、4人は共謀して昨年5~8月、ベトナム人の研修生ら6人から約83万円を預かり、仲間の1人を介してグェン容疑者の会社に送金、無許可で銀行業務を営んだ疑い。 

<国家戦略室>ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当(毎日新聞)
トキ2羽、本州と佐渡往来=新潟(時事通信)
普天間 米、現行案履行要求へ 下旬の外相会談 変更なら継続使用(産経新聞)
将来はヴィンテージも 本格派「ノンアルコールワイン」の実力は?!(産経新聞)
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判-東京地裁支部(時事通信)

<義父暴力>重体の長男死亡 愛知・豊田(毎日新聞)

 愛知県豊田市の会社員、中根幸男容疑者(38)が義理の長男(15)を殴った傷害事件で、意識不明の重体だった長男が23日未明、搬送先の病院で死亡した。

 中根容疑者は20日午後8時20分ごろ、自宅で長男の顔を右手で3回殴ったとして傷害容疑で県警豊田署に逮捕された。同署は傷害致死容疑に切り替えて捜査する。【式守克史】

「昼間にも叫び声」マンション住人が証言 天王寺で腹刺され男性死亡(産経新聞)
龍馬とおりょうの夫婦像も! 横浜&横須賀でゆかりの地を巡る
「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男-福岡県警(時事通信)
可視化法案、今国会提出見送り(時事通信)
韓国に不正送金で女4人逮捕=「現金運び役」初の摘発-埼玉県警(時事通信)

首相、東アジア共同体構想の具体策取りまとめ指示(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日午前の閣議で、東アジア共同体構想の実現に向けた具体策の取りまとめを5月末をめどに行うよう関係閣僚に指示した。これまで具体性に乏しいと批判されてきた東アジア共同体構想の具体化にようやく本腰を入れた形だ。

 首相は閣議で「『日本を開く』という考え方にもとづき、大胆かつ積極的にスピード感を持って立案、実行してほしい」と指示した。FTA(自由貿易協定)など経済面にとどまらず、人的、大学間交流、防災など幅広い分野でのアジア諸国との協力について具体的な取り組み内容を検討し、内閣官房が中心に取りまとめる。

 東アジア共同体構想をめぐっては、米国を排除しかねないとの懸念が出ているが、平野博文官房長官は同日午前の記者会見で「首相は日米(関係)が基軸であることを前提にして、いろんな構想を考えており、このことははっきりしている」と強調した。

【関連記事】
「日本はまだ鎖国的」鳩山節全開…東アジア共同体になお意欲
船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体
甘い鳩山東アジア共同体構想 「人民元の海」本格展開へ
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
「日米中」は正三角形にあらず
20年後、日本はありますか?

鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)
愛子さまクラス替え特別配慮 「問題児童と同じにしない」(J-CASTニュース)
三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
<掘り出しニュース>目指すぞ!運転士 訓練費自己負担、いすみ鉄道の募集に大きな反響(毎日新聞)
不祥事続出で国交省、スカイマーク安全監査、経営陣の介入も調査(産経新聞)

<250にこまる食堂>年会費1000円でランチ250円に 若者の職業訓練などを支援 広がる共感(毎日新聞)

 年会費1000円を払うと250円でランチを食べられる「250にこまる食堂」が広がっている。単なる格安ランチではなく実は、年会費を積み立てた基金で、生きづらさを抱える若者の職業訓練などを支援するプロジェクトだ。そうした若者も勤める横浜市の5店で始まり、東京都内の居酒屋が2月下旬に加わった。居酒屋の山本友大店長(32)は「最初は赤字になっても、とにかく多くの人に食べに来てもらって社会貢献も商売も両立させたい」と意気込む。【杉埜水脈】

 「親子(丼)オッケーイ!」。威勢の良い店員の声が飛び交う。JR蒲田駅前の居酒屋「叶え家」(東京都大田区西蒲田7)のランチタイム。だしの染みた鶏肉に半熟卵が絡む親子丼や、香ばしいカツカレーなど6種類のメニューが、どれも250円(非会員は300円)だ。山本さんは「せめて390円でやりたかった」と苦笑する。

 「にこまる食堂」は、親らが設立した基金に年会費が寄付され、若者のジョブトレーニング費や運営費、新店舗設立資金に充てる仕組み。非会員に上乗せされた50円も寄付に回る。若者自立支援活動を約20年間続けるK2インターナショナルジャパン(横浜市磯子区)が昨夏、市内で自営するお好み焼き店やカフェ計5店で始めた。今では1日計約250~300食が売れる。

 5店は、長期間のひきこもりや軽度の発達障害などのために、一般企業になじみにくい若者の職業訓練や雇用の場でもある。彼らに飲食業について講義した縁で山本さんは2年前、K2スタッフと知り合った。叶え家の店員は特に問題を抱えた若者ではないが、250円という値段に「中途半端でない決意」を感じ「にこまる食堂」に参加した。非会員にも250円で提供中の3月末までに「1日100食」が目標だ。

 250円の秘密は、人脈を生かして協力的な業者や農家から仕入れる食材の安さ。K2の場合、親や支援者らが寄付する食材も豊富だ。寄付を受けた自家栽培の白菜がキムチや豚キムチ丼になったり、柿やミカンが無料で追加されたりする。

 プロジェクトリーダーの岩本真実さん(39)は「仕入れ努力や営業努力で成り立つ値段設定」と言う。寄付のおかげで収益を出すことも十分可能だという。また若者支援だけではなく「誰でも安心して、温かくておいしいご飯が250円で食べられる場所を提供する社会運動」として全国に広げることを目指している。問い合わせ先はK2(045・752・5066)。

【関連ニュース】
社員食堂のヘルシーメニューは。
BOOK:『おもひで食堂』
暮らし・教育 『しあわせ食堂』=武内ヒロクニ+毎日新聞夕刊編集部
若者自立支援基金:年会費1000円でランチ250円 にこまる食堂に共感 /神奈川
花開け・徳栄のセンバツ:甲子園出場祝い、食堂に牛ステーキ定食 /埼玉

高齢者施設、設備費用が重荷の防火(読売新聞)
東京大学 合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
禁輸回避、採決直前まで努力=クロマグロ問題で-赤松農水相(時事通信)
<公金横領>詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋(毎日新聞)
日本人妻の帰国にも全力=中井担当相(時事通信)
プロフィール

q3tqhykm

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ