大阪(伊丹)空港で平成20年8月、日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-402型機のエンジンが離陸滑走中に損傷したトラブルについて、運輸安全委員会は26日、エンジン内部の部品が脱落し、出力が低下したのが原因などとする調査報告書を公表した。

 報告書によると、エンジン内部で空気の流れを整える役目をする「静翼」の一部が高熱で燃え尽き、支えを失った内側のドラムが脱落。後方にある回転翼を壊し、エンジンの出力が急激に低下していったという。

 同年2月に行った内視鏡検査では異常は見つからなかったという。トラブル直前に行った計13回のフライト中6回で、エンジン内の温度が規定を超えたことを示す表示が出ていたが、整備マニュアルで「対応不要」とされていた880度未満に収まっていたため、エンジンを交換するなどの対策は取らなかったという。トラブルを受けて、エンジン製造会社と航空機の設計・製造会社はマニュアルの一部を改訂した。

【関連記事】
ボンバル機トラブル続出、大阪発で2件
またボンバル機が引き返す ランプ不具合 大阪→松山
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず
ボンバル機トラブル相次ぐ 中部空港など出発便
操縦ミスが原因 米ニューヨーク州でのボンバル機墜落事故

シリコン販売で3億円脱税容疑、役員を逮捕へ(読売新聞)
<裁判員裁判>死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件(毎日新聞)
車上荒らしに警察手帳盗まれる 千葉県警巡査長(産経新聞)
トヨタに辛辣な言葉…公聴会(レスポンス)
<小児がん>健康な人も加入可能に 経験者の共済保険(毎日新聞)