JR東日本と東京臨海高速鉄道は5日、痴漢被害が多発しているJR埼京線(大宮-大崎間)とりんかい線(大崎-新木場間)の全40編成(1編成10両)に車内防犯カメラを設置すると発表した。昨年12月から埼京線の2編成で試験導入した結果、抑止効果が認められたため拡大を決めた。6月以降順次、各編成の1号車内に4台のカメラを設置する。

【関連ニュース】
患者骨折:カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か
監視カメラ:高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中
秋葉原:防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:カメラ設置後被害なし 元看護師、体制強化察知か
防犯カメラ:東京・秋葉原電気街に 無差別殺傷の現場周辺に34台設置

大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部(産経新聞)
損賠提訴 自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
介護職員処遇改善交付金の実施要領を改正―厚労省(医療介護CBニュース)
拉致問題 ツイッター利用して情報発信…意見広告7人の会(毎日新聞)
<参院選>民主・木俣議員不出馬 愛知選挙区、比例代表も(毎日新聞)