沖縄返還に伴う財政負担をめぐる密約文書の開示を求めた訴訟は、東京地裁で結審しており、4月9日に判決が予定されている。
 原告側の清水英夫弁護団長は、外務省の有識者委員会による報告書提出を受け、「判決期日は既に指定されており、裁判所は独自の判断をする。報告書の内容が訴訟に与える影響はない」と話した。
 一方、請求が棄却された場合の控訴審については、「原告、被告ともに調査結果を踏まえて争うはず」として、報告内容が影響する可能性を指摘した。 

【関連ニュース】
県独自課税、二審は「適法」=条例訴訟、いすゞが敗訴
檜原村長の敗訴確定=再雇用職員の賃金訴訟
自民府議に29万円返還命令=政務調査費流用、1人は棄却
請求権放棄の議決は無効=市に返還請求命令
元局長証言、密約解明に貴重=鳩山首相

電子足輪も効果なし、性犯罪防止に有効策はあるか(中)
<掘り出しニュース>番所でござる 若桜駅横に宿場町再現 (毎日新聞)
みんなの党・渡辺代表、新党連携に慎重姿勢(読売新聞)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
スカートの下にカメラ入れる、巡査を現行犯逮捕(読売新聞)