「小泉(純一郎)元首相が一番短かった。この程度が望ましい」。鳩山由紀夫首相は12日夜、首相官邸で記者団から最近の取材対応について「冷たい」と指摘されたのに対し、こう言って反論した。
 首相はさらに、記者の質問に立って応じる「ぶら下がり」取材について、「時間的な問題や、ぶら下がりという在り方自体の問題もある」としつつ、「極力丁寧に努めているつもりだ」と強調した。
 米軍普天間飛行場移設問題の迷走などをメディアから批判され、首相はいら立ちを強めている。最近は質問に対して語気を強めて反論したり、回答しないまま立ち去ったりするケースが増えている。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)
花田勝氏設立のちゃんこ店破産=負債約5億円-帝国データ(時事通信)
首相が一部移転を正式要請、徳之島3町長は拒否(読売新聞)
税収回復まで公約抑制=行政刷新相(時事通信)