国内で唯一、奈良~平安時代の東西塔が創建当初のままそろって現存する当麻寺(たいまでら)(奈良県葛城市)で、両塔(国宝)の内部が、平城遷都1300年を記念して初めて一般公開されるのに先立ち、19日、特別法要が営まれ、参列者向けに開扉された。一般公開は20日から6月20日まで。

[フォト]国宝飛雲閣の公開始まる 西本願寺

 東塔は奈良時代後期、西塔は平安時代前期の建立とされる。ともに三重塔ながら、やや細身の東塔に対し、西塔は横幅があり、デザインは異なる。1180(治承4)年の平氏による南都焼討や明治時代の廃仏(はいぶつ)毀釈(きしゃく)を逃れ、修復を重ねて残ってきた。

 両塔内にはこれまで、清掃などで寺関係者が入るほかは一般に公開されたことはなかったという。1300年祭を主催する記念事業協会の打診を受けて公開に踏み切った。

 公開では、両塔の扉を開き、内部に安置された仏像や塔の心柱などを外からうかがうことができる。

【関連記事】
東大寺法華堂 仏像群16体の林立見納め
最古の刺繍、西陣織で再現 聖徳太子ゆかり中宮寺
長谷川等伯の心を映し出す本法寺
四季折々“表情”変える雄姿 甲信越紀行 松本城
国の文化財「仕分け」する難しさ
中国が優等生路線に?

阪大 両心補助に成功 『子供に寂しい思いさせた」 女性患者、笑顔と涙(産経新聞)
転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
<性犯罪>20件、少年関与か 一部認める供述…さいたま(毎日新聞)
田島みわ氏が三社祭で始動(スポーツ報知)
<殺人>交際相手の女性を遺棄 会社役員を容疑で逮捕 京都(毎日新聞)