【ヒューストン(米テキサス州)時事】「美しい地球に生まれたことを誇りに思って」-。米スペースシャトル「ディスカバリー」に乗り組み無事帰還した山崎直子さん(39)は21日午後(日本時間22日朝)、ヒューストンのエリントン空港の格納庫で開かれた帰還歓迎式典にほかの乗員とともに出席した。
 割れるような歓声と拍手が鳴り響く中、長女優希ちゃん(7)と手をつなぎながら姿を現した山崎さん。15日間の宇宙飛行の疲れは見えず、「直子さーん」と声援が飛ぶといつもの笑顔を会場中に振りまいた。
 「すべての仕事を完ぺきにやった素晴らしい宇宙飛行士」と紹介された山崎さん。スピーチの順番が回ってくると、最初は英語で、宇宙飛行士選抜からの11年間を支えた夫大地さん(37)や優希ちゃんのほか、今回のミッションに携わった関係者らに感謝の言葉を述べた。
 続いて日本語で「宇宙は素晴らしい。皆さんも立ち止まったら空を見上げて、そこに無限の可能性がまだまだあることを感じてください。美しい地球に生まれたことを誇りに思って」と話すと、会場がまた歓声と拍手に包まれた。
 式典終了後、山崎さんに花束を渡したトム・スミスさん(51)は「直子たちは近所に住んでおり、4年来の友人。直子が宇宙で大活躍したことをまた思い出し、感動して泣きそうになった」と興奮した様子で話していた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「宇宙ホップ」が地球帰還=ビール製造を検討
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収

<1票の格差>札幌高裁は「合憲」 判断、最高裁へ(毎日新聞)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)
名古屋市議会 恒久減税案など否決 河村市長「戦い続く」(毎日新聞)
コンタクトレンズ ずさんな手入れ 後絶たぬ感染症(産経新聞)
山崎さん搭乗シャトルが帰還態勢に 周回軌道を離脱(産経新聞)