民主党の小沢一郎幹事長は8日の記者会見で、2日に国会内で会談したキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)から5月の大型連休中の訪米を招請され「訪米団を組織して行くことは結構だ」と前向きに検討する考えを伝えたことを明らかにした。小沢氏は「大統領にもそれなりに十分時間を取っていただかないと困る」とオバマ大統領との会談を求めたという。

 米側は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で日本政府が5月末に結論を出すとしていることから、政権内で大きな影響力を持つ小沢氏との関係を重視し招請したとみられる。【白戸圭一】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢幹事長の続投確認
小沢幹事長:鳩山首相と官邸で会談
鳩山首相:「小沢氏の責任、当然あると思う」 衆院予算委
石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える
毎日新聞世論調査:小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69%

明かされる遺体や傷の状況… アキバ殺傷・加藤被告、うつろな瞳で聞き入る(産経新聞)
<SL>「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原(毎日新聞)
3月10日再投票を正式決定=日弁連会長選(時事通信)
<石川知裕議員>近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る 内閣府調査(産経新聞)