消費者庁は23日、三洋電機が2004~05年に製造したブラウン管テレビの持ち手が製造不良で壊れ、落下する事故が58件あり、1人が重傷、45人が軽傷を負っていたことが分かったと発表した。三洋電機は1月末にリコールを発表しているが、同庁は依然10万台以上が出回っているとして注意を呼び掛けている。
 同庁によると、広島県の40代男性が昨年11月、テレビを持ち上げた際、持ち手が壊れて足に落下。左すねを骨折するなどの重傷を負った。今月に入って、男性側から同社に連絡があったという。
 問題があるのは、04年10月~05年9月に中国で製造された13機種。製造時に外枠の樹脂に不純物が混入し強度が低下。持ち上げると負荷に耐えられず、製品上部の持ち手周辺が破損するという。問い合わせは、三洋電機相談室(0120)340136まで。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】トヨタ プリウス
トヨタ、信頼回復へ正念場=米議会で公聴会開始へ
世界生産、7社がプラス=需要急減が一巡
トヨタ社長、25日に証言=米公聴会で安全性アピールへ

派遣法案要綱、17日に諮問=社民党の主張は盛り込まず-厚労省(時事通信)
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)
<雑記帳>「天橋立まるごとフリーパス」サービス(毎日新聞)
沖縄の希少動物 事故死相次ぐ カンムリワシ、イリオモテヤマネコ…運転注意(産経新聞)
日歯連が民主候補支援へ転換 夏の参院選(産経新聞)