繊維業で知られる新潟県見附(みつけ)市の技術力をPRしようと、見附青年会議所が17日、2カ月かけて製作したニット製の巨大サッカーユニホームをお披露目した。「世界一」としてギネス申請する。

 長さ約7メートルと通常の10倍で、約50人の職人が総力を結集。ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の応援に役立てようと、日本代表と似たデザインに。埼玉スタジアムで5月にあるW杯壮行試合の観客席で広げる予定。

 巨大なため、客席でうまく広げられるか心配だが、実行委員長の今井誠さん(36)は「サポーターに手伝ってもらえたら」。触ったついでに、品質の良さも実感できるはず? 【黒田阿紗子】

【関連ニュース】
<特集>サッカー日本代表
188人がかくれんぼ またまたギネス認定
雑記帳:「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請
サッカーW杯:FIFA公認の世界地図…松山の会社が販売
サッカーW杯:エムボマ氏「日本は8強目指すのが現実的」

「事務系副大臣」を検討=事務次官は廃止-仙谷担当相(時事通信)
日本の人口、2年連続減…本格的減少時代へ(読売新聞)
不正請求などで訪問介護など3事業所の指定取り消し―徳島(医療介護CBニュース)
ホームオブハート訴訟で和解=セミナー参加者に支払い-東京地裁(時事通信)
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設(医療介護CBニュース)