日本漢字能力検定協会(本部京都市)の鬼追明夫理事長(75)が13日に開かれた臨時理事会で、退任の意向を伝えていたことが18日、分かった。任期が切れる3月末に退任する見通し。
 協会と前理事長らの親族企業の取引をめぐる背任事件後の協会立て直しに一定のめどが付いたためで、協会によると、鬼追氏は「自分は火消し役。正すことは正した」と話しているという。 

【関連ニュース】
今年の漢字「新」=新政権、新型インフル、新記録
公益法人の検定事業をめぐる動き
漢検志願者25%減=8~11月の前年同期比
「今年の漢字」募集開始

エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」-東京地裁(時事通信)
皇太子ご夫妻 ノーベル平和賞のマータイさんと懇談(毎日新聞)
献金は「政党シンクタンク」に 経済同友会、企業献金の原則禁止を提言(産経新聞)
<訃報>山下一海さん77歳=俳文学者(毎日新聞)
<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)