ライターを使った火遊びが原因とみられる火災が相次いでいる問題で、福島瑞穂消費者担当相は9日の閣議後の会見で、週明けにも関係省庁の局長級で作る消費者安全情報総括官会議を招集することを明らかにした。昨年9月の消費者庁設置以降、同会議が個別の議題で招集されるのは初めて。福島氏は「事故をなくすために横断的に意思疎通を図り、(消費者への)注意喚起も徹底したい」と話した。

【関連ニュース】
川崎マンション火災:3歳の双子死亡、祖母は重体
火災:マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎
火災:住宅全焼、焼け跡から男性遺体 千葉・富津
マンション火災:重体の父親死亡 川崎
火災:粗大ごみ処理施設のピット焼く 愛知・一宮

電気自動車、成長戦略の柱に=古川国家戦略室長(時事通信)
<名古屋市教委>事務職2人を告訴 340万円横領容疑(毎日新聞)
中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕(産経新聞)
6月に若者支援ビジョン=政府(時事通信)