自民党の山崎拓前副総裁(73)は4日午後の山崎派総会で、「民主党の独裁政治に断固、対抗し、自民党の再建を図りたい」と述べ、離党しない考えを表明した。同氏は夏の参院選比例代表での公認を求めていたが、党執行部は「70歳定年制」を理由に公認しないことを決めたため、一時、離党が取りざたされていた。
 総会に先立ち、同派の田野瀬良太郎総務会長は谷垣禎一総裁と会い、山崎氏の意向を伝えた。 

【関連ニュース】
前原氏「自浄能力必要」=千葉氏「刑事責任なら重い」
小沢氏「もう少し頑張る」=参院選に全力
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」
谷垣氏、遅過ぎた「指導力」=参院選で片山氏ら非公認

東京裁判の評価で対立=非公表の「戦後史」-日中歴史研究(時事通信)
悪質訪問販売で業務停止の業者 小沢氏側に献金448万円(産経新聞)
NPO法人の税優遇拡充へ=「新しい公共」育成で-政府(時事通信)
<警察官不祥事>家宅捜索中に容疑者が自殺図る 警部補ら処分(毎日新聞)
国歌不起立の教職員名収集、神奈川県教委が継続(読売新聞)