<不同意堕胎>逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)

 妊娠していた交際相手の女性に子宮収縮剤を投与して流産させたとして、不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医科大学付属病院の腫瘍(しゅよう)・血液内科医、小林達之助容疑者(36)が昨年1月に女性に錠剤を手渡した後、女性の携帯電話に「錠剤はビタミン剤です」とのメールを送っていたことが分かった。警視庁捜査1課は、小林容疑者が女性をだましたことを示す有力な物証とみている。同課は20日、小林容疑者を東京地検に送検した。小林容疑者は容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、小林容疑者は09年1月上旬、東京都墨田区に住む看護師の女性宅を訪れ、子宮収縮剤3日分計6錠を手渡した。その際、同病院産婦人科に勤務する同僚の実名を挙げ「彼も体に良いと言っていた」などと説明した。自らパソコンで作成したとみられる効能などを記したうその説明書も渡していたという。

 さらに、小林容疑者は女性宅から帰宅した後、女性の携帯に「錠剤はビタミン剤です。安心して飲んでください」という趣旨のメールを送っていたという。女性は1月中旬に小林容疑者が持参した点滴パックに入った子宮収縮剤を点滴するよう勧められ、点滴後、自宅トイレで流産した。捜査1課は、錠剤が効かなかったため、小林容疑者がより効果のある点滴を使ったとみている。

 また、女性の自宅に残されていた点滴パックを調べたところ、小林容疑者の指紋は検出されなかった。捜査1課は小林容疑者が指紋が付かないよう手袋をするなどの細工をした可能性があるとみている。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】

【関連ニュース】
<関連記事>不同意堕胎:逮捕の一報 小林達之助容疑者の顔写真
<関連記事>不同意堕胎容疑:栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ
<関連記事>不同意堕胎:慈恵病院、調査開始 薬剤持ち出し可能性

特定外来生物 オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)
小沢氏、不起訴の公算 大久保・池田元秘書を再聴取(産経新聞)
ワクチン接種、合意先送り=山田副大臣と地元首長らが協議―口蹄疫(時事通信)
西日本大雨、土砂崩れで神戸電鉄が一部運休(読売新聞)

<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、15日に行われた東京地検特捜部による小沢氏の再聴取で、特捜部から小沢氏に約50の質問が行われたことが分かった。大半は事件で起訴された元秘書らの供述に関するもので、小沢氏は政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を全面否定した。聴取は当初3時間の予定だったが、小沢氏が調書の記載の修正を申し入れたことなどで約1時間半オーバーしたという。

【写真特集】小沢ショック:秘書逮捕から代表辞任まで

 特捜部は17日午後、収支報告書の提出時に「小沢氏に相談した」などと供述していた元秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)からも事情を聴取、小沢氏の指示の有無などを改めて確認する。

 小沢氏の聴取は3回目で、東京第5検察審査会の「起訴相当」議決を受けた再捜査の一環。過去2回と同じ検察官が担当し、東京都内のホテルで午後5時ごろから行われた。

 検察官は、04年分の収支報告書の提出時に石川議員が小沢氏に報告・相談したと供述したことや、05年分の提出時に元秘書の池田光智被告(32)が小沢氏に説明し了承を得たなどと供述したことについて小沢氏に確認。いずれについても小沢氏は「なぜ元秘書がそのようなことを言うのか理解できない」などと否定したとされる。こうしたやり取りを中心に、検察官は約50の質問をしたという。

 予定の3時間で質疑応答をほぼ終えたものの、検察官が供述調書にまとめて小沢氏に確認を求めた際、小沢氏から記載内容の部分的な修正が求められたことなどから調書作成に時間がかかり、結局、聴取を終えたのは約4時間半後の午後9時半ごろ。作成された調書は1通だけという。

 特捜部は18日に元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)と池田元秘書からも事情を聴いたうえで、小沢氏の刑事処分を最終判断するとみられる。

【関連ニュース】
【写真特集】小沢ショック
【写真特集】■明快図説■民主党の党内人脈図
<関連記事>陸山会事件:石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に
<関連記事>陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内「不起訴」も
<関連記事>民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」

米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認
大麻所持でミュージシャン実刑=「YOU THE ROCK★」-横浜地裁支部(時事通信)
村井知事が再選不出馬表明へ=長野県(時事通信)
「知事会仕分け発言は的はずれ」埼玉知事が批判(読売新聞)

被害拡大防止できずおわび=水俣慰霊式で謝罪-首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日、熊本県水俣市で開かれた水俣病犠牲者慰霊式に参列し、「政府として公害防止を十分果たすことができず、被害の拡大を防止できなかった責任を認め改めておわびする」と述べ、患者や患者の遺族らに謝罪するとともに、行政の責任を明確に認めた。
 慰霊式は今年で19回目。訴訟での和解の基本合意や、水俣病被害者救済特別措置法に基づく救済方針が閣議決定されたことを受け、鳩山氏が歴代首相として初めて参列した。現地には臨時の救済申請窓口が設置され、救済希望者の受け付けもスタート。3万人超の未認定患者が申請するとみられる。 

2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
普天間移設 首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
野沢菜起源は「天王寺カブラ」=伝統野菜で魅力再発見(時事通信)
<ゼブラーマン>全国一斉公開…ゼブラシティの逆襲(毎日新聞)
手押し車の92歳、踏切ではねられ死亡(読売新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ