大学入試センターなどによると、16日午前に埼玉県東松山市の東武東上線で人身事故があり、同線小川町-川越駅間で運転を一時見合わせた。この影響で受験生の足が乱れたため、埼玉県内の5会場で2時限目の地理歴史を一部繰り下げて実施した。影響があった会場と受験者数は以下の通り。

 大東文化大(東松山市)=55分繰り下げ、13人

 東京電機大理工学部(鳩山町)=35分繰り下げ、1人

 女子栄養大(坂戸市)=30分繰り下げ、8人

 東洋大川越校舎(川越市)=55分繰り下げ、9人 東京国際大(川越市)=45繰り下げ、7人

【関連記事】
センター試験 問題訂正漏れぬよう受験生“軟禁”
センター試験始まる 志願者数55万、インフル追試験は154人
センター試験のインフル対策、高校教員は評価 河合塾調べ
郵便局・ネスレ「受験生応援バス」「絶対合格」願い乗せ東京着
新型インフルで「追試」は不公平?対応分かれる大学入試

顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑-名古屋国税局(時事通信)
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」(医療介護CBニュース)
<ハイチ地震>日本赤十字社スタッフ 調査のため現地へ出発(毎日新聞)
速報や支援呼びかけでツイッターが活躍 ハイチ大地震(産経新聞)