民主党の小沢一郎幹事長の秘書も務めた石川知裕容疑者が逮捕されたことを受け、自民党の谷垣禎一総裁は15日夜、「今後、さらにその先にある大きな闇の解明がなされることを期待する」とコメントした。18日召集の通常国会直前という絶好のタイミングでの“敵失”に自民党など野党側は俄然(がぜん)、勢いづいている。

 谷垣氏は「報道によれば、(石川容疑者の逮捕容疑にからむ)不動産購入の経緯には、小沢幹事長の関与があるとされている」と指摘したうえで、“大きな闇”の存在を示唆。平成21年度第2次補正予算案の審議から始まる通常国会を見据え、「政府与党は、審議に応じられる前提として、十分な説明を果たすべきだ」とクギを刺した。大島理森幹事長は「鳩山首相も小沢氏から事情を聴き、代表としての説明責任、倫理責任を果たすべきだ」とコメント。疑惑追及のターゲットを、民主党最大の実力者である小沢氏の問題に絞ろうとしている。

 公明党の斉藤鉄夫政調会長は「わが党なら即除名で、すくなくとも、議員辞職だ。民主党には自浄能力を求めていく」と批判した。

「産婦人科医療改革グランドデザイン」骨子案で意見公募(医療介護CBニュース)
<石川衆院議員>規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
郷土の偉人、学べない? 吉田松陰、米内光政…一部教員クレーム(産経新聞)
燃えた新聞ポストに入れる=郵便法違反容疑で男を逮捕-警視庁(時事通信)
ハイチに自衛官派遣(時事通信)