札幌国税局は23日、09年に道内の自営業男性1人に業務を依頼し報酬約340万円を支払う際、所得税約34万円の源泉徴収を怠るミスがあったと発表した。会計課職員が契約相手を「個人」ではなく、源泉徴収の義務がない「法人」と誤認したのが原因という。

 国税局によると、2月の臨時監査で徴収漏れが判明。男性に謝罪し税額分の返納を求め、札幌中税務署に納付した。契約内容や男性の業種は「個人の特定につながるので公表できない」(国税広報広聴室)としている。

 国税局は「チェック体制の強化を図り、再発防止に努める」とのコメントを出した。【大谷津統一】

働く女性にとって関心のある習い事は「英語」(産経新聞)
<1票の格差>東京高裁判決 「違憲」明言なしに原告不満も(毎日新聞)
元選対幹部が控訴=小林千議員陣営の選挙違反-札幌(時事通信)
中宮寺跡 心柱立てる施設跡を確認 奈良・斑鳩町教委(毎日新聞)
エレベーター強盗、女性殴り現金奪う 大阪・北区のマンション(産経新聞)