福岡・南署は2日、福岡市内の1人暮らしの70代女性が現金約3500万円をだまし取られる被害にあったと発表した。同署は振り込め詐欺事件とみて捜査している。

 同署によると、先月4日、女性の自宅に差出人として「民政相談管理事務局」と書かれたはがきが届いた。問い合わせ先に電話をかけると、架空の法律事務所を紹介され弁護士を名乗る男が「財産が差し押さえられる。防ぐためにはうちの貸金庫で保管する必要がある」などと言ったという。

 女性は5日に現金約1900万円、9日に約1600万円をコンビニエンスストアから指定された住所に現金で郵送。30日までに返却すると言われたが連絡がなく、不安になり30日に同署に相談していた。

【関連ニュース】
詐欺容疑:警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁
東京地裁:詐欺判決で朗読ミス 被害者を1人多く読み上げ
振り込め詐欺:「キング」に懲役20年判決…東京地裁
振り込め詐欺:2月は全国で534件 再び増加に転じる

<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
普天間問題で社民がテニアンに視察団(産経新聞)
<読めば読むほど>「立ち上げる」で思う(毎日新聞)
新潟大ヨット4隻転覆、6人救助…強風の日本海(読売新聞)
追跡中のパトカーが衝突事故=警官2人が軽傷-警視庁(時事通信)