民主党の小沢一郎幹事長は26日の記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、検察審査会が近く議決を出す見通しであることについて「(東京地検特捜部による)1年間の強制捜査によって、結果として私は潔白を証明してもらった。検察審査会もそのことを冷静に受け止めて判断いただければいい」と述べた。
 検察審査会は、小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)とした東京地検の処分の妥当性について審査しており、近く判断を示すとみられる。政権の実力者である小沢氏の発言は、審査会の議決前に「不起訴相当」とするよう圧力を掛けたとも受け取れ、問題視する声が上がりそうだ。
 小沢氏は会見で「私は不正な献金は一切受け取っていない。脱税しているわけでもない」と改めて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

普天間移設で首相「必ず五月晴れにしないと」(読売新聞)
小池政調会長「大阪などで1国2制度、独自にルールを」(産経新聞)
「細かすぎ」不評の厚労省目標…全職員にメール(読売新聞)
ぞうきん無断で燃やした女逮捕 尼崎、周辺で数十件発生(産経新聞)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)