神奈川県を訪問中の天皇、皇后両陛下は23日、秦野市で「第61回全国植樹祭」の記念式典に臨まれた。陛下は丹沢の自然林を代表するブナとスダジイ、皇后さまはコブシとヤブツバキの種をそれぞれまかれた。

 これに先立ち、両陛下は南足柄市の別会場で、自ら鍬を持ち、ケヤキ、無花粉スギ、ヤマザクラなどの苗木を植えられた。あいにくの雨となったが、皇后さまは作業後、土を手で丁寧に固められていた。

 全国植樹祭は毎年の恒例行事で、今回の開催で47都道府県すべてで行われたことになった。

【関連記事】
カンボジア国王迎え、両陛下ご主催で宮中晩餐会
皇后さま、浅田のメダルに「すごく重いんですね」
都心の穴場? 皇居入園者「9年連続」じわじわ増加
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり
両陛下、ご静養入り 須崎御用邸などに滞在

「コメントするのは不適当」=小沢氏不起訴処分で首相(時事通信)
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
埼玉の「加須」、なぜ「かぞ」と読む?(読売新聞)
PSPソフト無断で複製販売、初摘発 無職男の口座150万円(産経新聞)
<TBS>裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で(毎日新聞)